[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベージェワ、移籍にロシアの重鎮が落胆「残念ながら大きな過ちを犯した」

メドベージェワ、移籍にロシアの重鎮が落胆「残念ながら大きな過ちを犯した」

フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が恩師のエテリ・トゥトベリーゼ氏とのコーチ関係を解消し、羽生結弦(ANA)らを指導するブライアン・オーサー氏に師事することを表明。世界選手権を2度制した女王の移籍は大きな話題を呼んでいるが、ロシアフィギュア界の重鎮が「残念ながら大きな過ちを犯した」と落胆している。ロシアスポーツメディア「sports.ru」が伝えている。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

チャイコフスカヤ氏がメドベージェワの移籍劇に言及

 フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が恩師のエテリ・トゥトベリーゼ氏とのコーチ関係を解消し、羽生結弦(ANA)らを指導するブライアン・オーサー氏に師事することを表明。世界選手権を2度制した女王の移籍は大きな話題を呼んでいるが、ロシアフィギュア界の重鎮が「残念ながら大きな過ちを犯した」と落胆している。ロシアスポーツメディア「sports.ru」が伝えている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 スケート大国が誇る世界女王の移籍劇に声を上げたのは、エレーナ・チャイコフスカヤ氏だ。1976年のインスブルック五輪アイスダンス金メダリストのロシアスケート連盟会長、アレクサンドル・ゴルシコフ氏の現役時代にコーチを務めていた。記事では「ロシアフィギュア界の重鎮」として紹介された78歳は、18歳の若き女王に対して言及した。

「残念ながらメドベージェワはトゥトベリーゼの元を去ることで大きな過ちを犯した。今回のことは彼女に何一つ、いいことを与えないだろう」

 このように話し、落胆している様子。記事では、新たに師事するオーサー氏がロシアではプログラムの演出に関してスケーターの意見を参考にしないと話したことを取り上げ、反論している。

「ロシアのフィギュアスケート学校ではスケーターの考えがいつも演出に考慮されている。すべてのプログラムが(振付師とスケーターで)共同で議論されている。ロシアのフィギュアスケート学校はより良いプログラムをもっている」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー