[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野次に涙の大坂なおみ、謎の電話番号を公開 「ナオミは答えを持っていた」と米話題

女子テニスの大坂なおみ(フリー)が15日(日本時間16日)、ツイッターに一つの電話番号を公開した。米メディアが「小学生たちが開設した無料ホットライン」と紹介された番号と同じもののようだ。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

大坂なおみがツイッターにつづった番号とは

 女子テニスの大坂なおみ(フリー)が15日(日本時間16日)、ツイッターに一つの電話番号を公開した。米メディアが「小学生たちが開設した無料ホットライン」と紹介された番号と同じもののようだ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大坂が文面につづったのは「(707)873-7862」。瞳の潤んだ顔文字とハートマーク付きだった。この番号は、カリフォルニア州の小学校が開設した無料ホットラインと同じ。米放送局「CBS」のニュース番組「CBSニュース」は、大坂がツイッターを更新する前の14日に掲載した記事で同番号についてこう説明している。

「(カリフォルニア州ヒールスバーグにある)ウエストサイド小学校は、あなたたちが必要とする激励を提供している。2人の美術教師がサポートしながら、小学生たちは無料ホットラインを開設した。ホットラインに電話を掛けると、『怒っている時やイライラしている時は1番を押してください』『ナーバスになっている時は、アイスクリームと靴を買いましょう!』などと流れてくる」

 記事によると、「励ましてもらいたい時は2番を」「幼稚園児と話したい時は3番を」と電話を掛けた後の中身を紹介。悩んだ時の“相談相手”として言葉をもらえるものになっているようで、「1時間に約9000件の電話が掛かってきて、今までで合計50万件となっている」と伝えた。

 大坂は12日(日本時間13日)のBNPパリバ・オープン女子シングルス2回戦の途中、観客の女性から「ナオミ、最低!」と野次を受けた。試合はストレート負け。ベンチや試合後のオンコートインタビューでも涙し、注目を浴びていた。今回の投稿は電話番号しか記されていないが、海外ファンからは「これは大切だ」「ナオミは答えを持っていた」「素晴らしいアイディア」「これ最高だ」「今日見つけたもので一番良い」と同情の声が寄せられた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集