[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦のSP好発進を欧州メディアも速報 「力強い動き」「圧倒的リード」

フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦のNHK杯第1日が北海道・真駒内セキスイハイムアリーナで行われ、男子ショートプログラム(SP)では羽生結弦(ANA)が103.89点の今季世界最高得点をたたき出して首位発進した。

20161126_hanyu

今季世界最高の103.89点をマーク、海外でも高い注目

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦のNHK杯第1日が北海道・真駒内セキスイハイムアリーナで行われ、男子ショートプログラム(SP)では羽生結弦(ANA)が103.89点の今季世界最高得点をたたき出して首位発進した。ヨーロッパのスポーツ専門放送局「EUROSPORT」電子版がこの演技を速報で伝え、「母国のファンから強い声援を受けて大きなリードを取った」と記している。

 同局は「ハニュウは力強い動きで、4回転サルコウ―3回転トウループ、トリプルアクセルを決めて、シーズンベストとなる103.89点を獲得した」と安定した演技を高く評価した。

 また、試合後に羽生が「(冒頭の)4回転ループをきれいに降りられなかったのは残念でした。それでも今日は自分自身のスケートを本当に楽しむことができましたし、明日や次の試合につながればと思います」とコメントしたことも紹介している。

 4回転ループこそ決まり切らなかったものの「ハニュウは2位のネイサン・チェン(アメリカ)の87.94点、3位の田中刑事(倉敷芸術科学大)の80.49点に対して、圧倒的なリードを取っている」と伝えており、海外でも注目度が高いことがうかがえる。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集