[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、左腕から初Hは先制適時打 エンゼルスは控えめ?称賛“ボチボチでんな”

大谷翔平、左腕から初Hは先制適時打 エンゼルスは控えめ?称賛“ボチボチでんな”

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、敵地レンジャーズ戦に「8番・DH」で3試合ぶりにスタメン出場。第1打席では鮮やかな流し打ちで、左翼へ先制適時打を放った。大谷が左腕投手から安打するのはメジャー初。一つ苦手をクリアした。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷が左腕から先制適時打、チームはア・リーグ10勝1番乗り

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が11日(日本時間12日)、敵地レンジャーズ戦に「8番・DH」で3試合ぶりにスタメン出場。第1打席では鮮やかな流し打ちで、左翼へ先制適時打を放った。大谷が左腕投手から安打するのはメジャー初。一つ苦手をクリアした。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 巧みにバットを操った。2回2死一、二塁の第1打席だ。大谷は、レンジャーズの先発左腕ムーアの1ボールからの2球目、内寄りの91マイル(約146キロ)のストレートをレフト前にはじき返した。先制の適時打だ。

 塁上で笑顔を浮かべる大谷。第1打席で早速結果を残し、観戦に駆け付けた日本人ファンも大いに喜ばせていた。

 このシーンをエンゼルス公式インスタグラムが「so far so good(ボチボチでんな)」をもじった「Sho far, Sho good!」とつづり動画付きで公開。ファンからは「ショー・タイム」「これぞベースボールだ」「ホールオブフェイム」「誰も彼には敵わない」などコメントがつけられていた。

 これが左腕投手からの初安打。この試合前まで左腕には4打数無安打と封じられていたが、全く苦にしなかった。

 この日の後の打席は見逃し三振、投直、四球。四球で出塁した後は、牽制で刺される場面も。大谷の活躍もあってチームは4連勝。ア・リーグ10勝1番乗りを果たした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー