[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「カメラマンの凄さに感動」 涙のV三原舞依、逃さなかった“神々しい1枚”がSNS話題

フィギュアスケートの三原舞依(シスメックス)は、四大陸選手権(エストニア・タリン)の女子シングルで5年ぶり2度目の優勝。体調不良による休養を挟んだ国際大会Vに涙を流して喜んだ。表彰式で撮られた神々しい1枚が「カメラマンの凄さに感動」「写真見ただけで泣けてくる」とネット上で話題となっている。

フィギュアスケートの四大陸選手権で優勝し、金メダルを手にする三原舞依【写真:AP】
フィギュアスケートの四大陸選手権で優勝し、金メダルを手にする三原舞依【写真:AP】

スポットライトに照らされた三原舞依にSNS感動

 フィギュアスケートの三原舞依(シスメックス)は、四大陸選手権(エストニア・タリン)の女子シングルで5年ぶり2度目の優勝。体調不良による休養を挟んだ国際大会Vに涙を流して喜んだ。表彰式で撮られた神々しい1枚が「カメラマンの凄さに感動」「写真見ただけで泣けてくる」とネット上で話題となっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 この瞬間を逃さなかった。メダルセレモニーの1枚。三原はリンクに立ち、日の丸で体を覆っている。両手で大切そうに握っているのは金メダル。目を閉じたまま額に当て、喜びに浸っているようだ。背後のスポットライトは輝きを放ち、新女王を照らしている。

 体調不良による休養を挟み、再び輝きを放った22歳。国際スケート連盟や海外メディアも演技に対して称賛の声を上げていた。この1枚がネット上で拡散し、「この一瞬を捉えたカメラマンの凄さに感動」「写真見ただけで泣けてくる 神々しい」「泣いてしまう」「涙出る」「素晴らしい」「これは、天使」と感動を呼んでいる。

 三原は昨年12月の全日本選手権で表彰台を逃し、北京五輪代表にはなれなかったものの、実力の高さを証明。歩みを知るファンの胸を打ったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集