[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 5連続池ポチャで13の大叩き… 前年覇者の悲劇に米も困惑「ゴルフは気まぐれ」

5連続池ポチャで13の大叩き… 前年覇者の悲劇に米も困惑「ゴルフは気まぐれ」

米男子ゴルフの4大メジャー初戦、マスターズ(オーガスタ・ナショナルGC)が現地時間5日、開幕。昨年大会覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)の池ポチャ5連発の悲劇が話題を呼んでいる。

セルヒオ・ガルシア【写真:Getty Images】
セルヒオ・ガルシア【写真:Getty Images】

前年覇者のガルシアが15番で池ポチャ5発で13打大叩き、米メディアが動画を公開

 米男子ゴルフの4大メジャー初戦、マスターズ(オーガスタ・ナショナルGC)が現地時間5日、開幕。昨年大会覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)の池ポチャ5連発の悲劇が話題を呼んでいる。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 悲劇としか言いようがない。ディフェンディングチャンピオン・ガルシアが歴史に残る大叩きを演じてしまった。打てど打てど、オーガスタの高速グリーン上で止まらない。この一部始終を米メディア「12up」が動画で公開している。

 “神の子”ガルシアが神から見放された。舞台は15番パー5。悲劇の始まりは2オンを狙った第2打を池に落としてしまったことから始まった。池の手前にドロップしての約90ヤードからの打ち直し、第4打はピンの手前に着弾するも、そこから急激な下りによって再び池ポチャ。

 6打目、8打目、10打目……、まるでリプレイのように悲劇は続く。ナイスショットでグリーンに落としているはずが、池方向へ下っている急坂によって水の中へ消えていった。10打目の後、ガルシアはクラブから手を放してボールが池に吸い込まれるのを確認すると、苦笑いともあきらめともつかない複雑な表情を浮かべていた。

 12打目でようやく、グリーンに残し、パットを沈め、結局このホールで「13」の大叩き。1ホールでの13打は、マスターズでの歴代ワーストタイ記録だった。歓喜の主役は1年で悲劇の主役となってしまった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー