[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔&村元哉中、四大陸の「和」テイストに海外脚光「今季最も興味深いRDの一つ」

フィギュアスケートの四大陸選手権は20日、エストニア・タリンでアイスダンスのリズムダンス(RD)が行われ、村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が72.43点で2位となった。海外メディアは演技について「今季最も興味深いリズムダンスのプログラムのひとつ」などと脚光を浴びせている。

村元哉中と高橋大輔【写真:AP】
村元哉中と高橋大輔【写真:AP】

四大陸選手権で2位発進「立派な72.43点」

 フィギュアスケートの四大陸選手権は20日、エストニア・タリンでアイスダンスのリズムダンス(RD)が行われ、村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が72.43点で2位となった。海外メディアは演技について「今季最も興味深いリズムダンスのプログラムのひとつ」などと脚光を浴びせている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

“かなだい”カップルは、「和」テイストのプログラム「ソーラン節&琴」を演技。序盤で息が合わずミスが出たものの、力強いリフトを決めるなど立て直した。海外専門メディア「ゴールデンスケート」公式ツイッターはリフトの映像を公開し、文面で「出だしで躓いたものの立派な72.43点でリズムダンス終了後2位に」と評価した。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」公式ツイッターは「とても緊張感あるスタートだったけど、彼らは上手くリカバーし、今季最も興味深いRDのプログラムの一つであることを証明した」と称賛した。

 高橋にとっては、シングル時代の2008年と11年に優勝するなど計4個のメダルを獲得している今大会。一度現役を引退したが18年に復帰。20年からアイスダンスに転向した。米専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは「ダイスケ・タカハシが最後に出た四大陸選手権が9年前だなんて信じ難い」と改めて驚きを示していた。

 村元・高橋組は今季、グランプリシリーズ第4戦のNHK杯ではRDで70.74点、フリーダンス(FD)で108.76点、合計179.50点を獲得。その全てで、国際スケート連盟公認における日本歴代最高得点を記録したが、昨年12月の全日本選手権は2位となり、北京五輪出場権獲得はならなかった。FDは21日(日本時間22日)に行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集