[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

谷口将隆にTKO負け 王座陥落メンデスは脱帽「以前から評価していたが、それ以上だった」

ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、指名挑戦者の同級1位・谷口将隆(ワタナベ)が王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)に11回1分8秒でTKO勝ちした。2019年2月以来、2年10か月ぶり2度目の世界挑戦で悲願の王座奪取に成功。日本人の現役世界王者は8人目となった。3度目の防衛に失敗したメンデスは、谷口について「以前から評価していたが、それ以上の選手だった。だから私からタイトルを奪ったと思う」と語った。

11回1分8秒でTKO勝ちし、悲願の王座奪取に成功した谷口将隆【写真:荒川祐史】
11回1分8秒でTKO勝ちし、悲願の王座奪取に成功した谷口将隆【写真:荒川祐史】

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界ミニマム級(47.6キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、指名挑戦者の同級1位・谷口将隆(ワタナベ)が王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)に11回1分8秒でTKO勝ちした。2019年2月以来、2年10か月ぶり2度目の世界挑戦で悲願の王座奪取に成功。日本人の現役世界王者は8人目となった。3度目の防衛に失敗したメンデスは、谷口について「以前から評価していたが、それ以上の選手だった。だから私からタイトルを奪ったと思う」と語った。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 メンデスは2回に谷口の左を受けてダウン。その後は盛り返す場面もあったが、11回には再び左を顔面に受け、猛ラッシュを浴びてレフェリーストップとなった。会見では開口一番、「今、私の体調は悪くない。神様に感謝する。私には2年間の活動停止期間があった。是非リベンジをお願いしたい」と語った。

 メンデスは、19年に谷口が世界戦で敗れたサルダールから王座を奪取。以来タイトルを守り続けてきたが、谷口に屈した。「(谷口のことは)以前から評価していたが、それ以上の選手だった。だから私からタイトルを奪ったと思う」と新王者を称賛。ダウンシーンについては「最初のダウンは効いていなかったが、体のバランスが崩れて倒れてしまった。2回目に止められた時はボディーが効いていた」と振り返った。

 11月に来日。日本での日々については「最初は戸惑いがあったが、私は一切言い訳にしない。それどころかワタナベプロモーションが私たちにとてもよくしてくれた。食事も満足していますし、練習するところも用意してくれた」と感謝した。「また日本で戦いたい。日本には軽量級の選手がたくさんいる。またチャンピオンに戻りたい」と返り咲きを誓っていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集