[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、アストロズファンも笑う“特大弾お見送りポーズ”が話題「本当に手振ってる」【二刀流の衝撃2021】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回はリアル二刀流を解禁した4月。同僚選手の本塁打を二塁走者として見送った様子をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。打球に手を振るような仕草に反響が集まっていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「大谷翔平の名場面総集編」4月、同僚の本塁打に手を振るような仕草が話題に

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回はリアル二刀流を解禁した4月。同僚選手の本塁打を二塁走者として見送った様子をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が公開。打球に手を振るような仕草に反響が集まっていた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 特大弾を眺めた姿が話題になった。4月6日(日本時間7日)のアストロズ戦。大谷は初回1死から内野安打で出塁。二盗を決めた直後、3番・トラウトが左翼へ大飛球を放った。二塁走者の大谷は、くるりと振り返って行方を見送る。リードを広げながら手を振るかのように右手を挙げ、先制の2号2ランを確信するとゆっくり走り出した。

 動画を公開した「Cut4」公式ツイッターは「嘘じゃない。オオタニがバイバイと言った」と投稿。米ファンからは「オオタニがトラウトの打球に手を振った!」「本当に手振ってる(笑)」「アストロズファンなのに笑っちゃった」「礼儀正しい」「オオタニ大好き」などと反響の声が寄せられた。

 米スポーツ専門局「ESPN」によると、トラウトの本塁打は464フィート(141.4メートル)の特大弾。飛距離にも注目が集まったが、背番号17の仕草も話題となっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集