[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織は“勝負所のサーブ”で好データ 「非常に高い成功率」

ATPツアー・ファイナルが現地13日、ロンドンで開幕する。ATP公式サイトでは今年の出場者8人とラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)の各サーブ権保持時のシチュエーションについてデータで分析。世界ランク4位の錦織圭(日清食品)は“勝負所でのサーブ”で好データを示しているとレポートしている。

20161109_nishikori

世界トップの10選手のデータを比較

 ATPツアー・ファイナルが現地13日、ロンドンで開幕する。ATP公式サイトでは今年の出場者8人とラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)の各サーブ権保持時のシチュエーションについてデータで分析。世界ランク4位の錦織圭(日清食品)は“勝負所でのサーブ”で好データを示しているとレポートしている。

 同サイトでは以下、サーブ権の5つのシチュエーションを挙げている。

1、サーブ権を持つゲームのキープ率
2、ニューボールが投入されたゲームのキープ率
3、ブレークされた後のキープ率
4、サービング・フォー・セットでのキープ率
5、サービング・フォー・マッチでのキープ率

 特集によると、1番目の状況で強さが際立つのが、世界に名を轟かせるビッグサーバーのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)で90%とトップ。それに続くのは世界ランク7位のマリン・チリッチ(クロアチア)の88%となっている。錦織は84%で世界6位のガエル・モンフィス(フランス)と同じキープ率となっている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集