[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本野球の「依然として奇妙な部分」 オリ助っ人が米TV局に語った柳田悠岐の姿とは

オリックスのアダム・ジョーンズ外野手は、2年間プレーした日本の野球について持論を展開している。米放送局のテレビ番組に出演。ソフトバンクの柳田悠岐を引き合いに「依然として奇妙な部分」などと語っている。

ダイヤモンドバックスに所属していたアダム・ジョーンズ(写真は2019年)【写真:Getty Images】
ダイヤモンドバックスに所属していたアダム・ジョーンズ(写真は2019年)【写真:Getty Images】

アダム・ジョーンズが米人気番組にリモート出演

 オリックスのアダム・ジョーンズ外野手は、2年間プレーした日本の野球について持論を展開している。米放送局のテレビ番組に出演。ソフトバンクの柳田悠岐を引き合いに「依然として奇妙な部分」などと語っている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 米放送局「MLBネットワーク」公式ツイッターは、日本シリーズ中にジョーンズがリモート出演した人気番組「ホットストーブ」の動画を公開した。エンゼルス戦の中継でもお馴染みのマット・バスガーシアン氏が司会を務める同番組。メジャーでも長年プレーしたジョーンズは、日本のプロ野球の違いについて主観を明かしている。

「(日本は)間違いなく投手と守備だ。子どもの頃に自分が見ていたナ・リーグのよう。バント、ヒットエンドラン……プレイボール直後からスモール・ベースボールなんだよ。大量得点を目指すのではなく、1点を狙う。明らかな違いが存在するんだ」

 日本野球の緻密さを紹介。メジャーについては「基本的に米国ではフライの長打、四球、三振の三つの結末について考えるけど、ここではスモールベースボールだ」と説明した。さらに、ソフトバンクのスラッガーを例に挙げ、献身的な自己犠牲の精神に注目している。

「どの選手もバントができる。五輪の試合を見ていたんだけど、リーグ最高の打者の一人のヤナギタもバントしていたんだよ。毎年ホームランで輝く男だけど、それが彼らのやり方なんだ。全く利己的ではないんだ。すごく謙虚だけど、依然として奇妙な部分でもあるんだ」

 現在開催中のヤクルトとの日本シリーズでは、3試合とも代打出場で2三振、1四球と無安打。チームは1勝2敗と負け越している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集