[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベージェワ、世界選手権欠場も復帰後は4回転サルコウ挑戦へ 「考えているわ」

メドベージェワ、世界選手権欠場も復帰後は4回転サルコウ挑戦へ 「考えているわ」

平昌五輪フィギュアスケート女子シングルで銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)。右足痛のため21日開幕の世界選手権(イタリア)の欠場を決めたが、復帰後は4回転ジャンプへの挑戦を計画している。ロシアメディアが伝えている。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

世界選手権を欠場するメドベ―ジェワ、復帰後に4回転サルコウに挑戦する意思を明らかに

 平昌五輪フィギュアスケート女子シングルで銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)。右足痛のため21日開幕の世界選手権(イタリア)の欠場を決めたが、復帰後は4回転ジャンプへの挑戦を計画している。ロシアメディアが伝えている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 世界選手権3連覇こそ逃したが、メドベージェワは早くもその次を見据えているようだ。ロシア地元紙「コムソモリスカヤ・プラウダ」は、“女王”が4回転サルコウへの挑戦プランを明かしたことを報じている。

 同紙によると、メドベージェワは「トリプルアクセルは考えてないけど、4回転サルコウは考えているわ」と話し、意欲をのぞかせている。そしてジャンプ、スピンなどの構成要素の中で、演じるのが最も好きなものとして「3回転サルコウ」を上げており、サルコウジャンプへのこだわりも強いようだ。

 4回転サルコウは、女子では2002年に安藤美姫さんが国際スケート連盟公認大会で初めて成功させた。そして先日の世界ジュニアでは、メドベージェワと同門の13歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がサルコウ、トーループと、史上初の2度の4回転ジャンプを決めている。

 これからは女子も4回転時代に突入するという意見がある一方で、体重の軽いジュニアだから可能だとの見方も。そんな中でのメドベージェワの新たな挑戦表明。ロシアスケート連盟によると、医師からは4~8週間ジャンプを控えるようにという通達が出ているようだが、けがの完治後の新展開にも注目が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー