[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

先輩ザギトワの再現なるか 五輪シーズンに現れた15歳新星フロミフが狙う「3A&4S」投入

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦イタリア大会で2位に入ったマイア・フロミフ(ロシア)。シニアのGPシリーズデビュー戦にもかかわらず躍動した15歳は、五輪選考会となる12月のロシア選手権へ向け、3回転アクセルと4回転サルコウを磨くという。ロシアメディアが伝えている。

GPイタリア杯で2位に入ったマイア・フロミフ【写真:Getty Images】
GPイタリア杯で2位に入ったマイア・フロミフ【写真:Getty Images】

GPイタリア大会2位のロシアの逸材「3つの4回転ジャンプとともに行きたい」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦イタリア大会で2位に入ったマイア・フロミフ(ロシア)。シニアのGPシリーズデビュー戦にもかかわらず躍動した15歳は、五輪選考会となる12月のロシア選手権へ向け、3回転アクセルと4回転サルコウを磨くという。ロシアメディアが伝えている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

「sportmk.ru」によると、エテリ・トゥトベリーゼ氏の下で練習するフロミフは北京五輪選考を兼ねたロシア選手権の自らのプランを明かした。GPシリーズのイタリア大会で2位に入ったが、本人は今シーズンは当初から国内選手権に向けて準備してきたという。

「凄く、そこ(ロシア選手権)に3つの4回転ジャンプとともに行きたいです。そして、トリプルアクセルを習得したいです。北京五輪はロシア選手権の結果で決まります。私には4回転サルコウがあります。私はそれを練習して、跳んでいます。ブダペストでの試合(ブダペストトロフィー)の後、それをプログラムに入れるよう試みましたが、安定しませんでした」

 イタリア大会では2本の4回転トウループを跳んだが、ロシア選手権に向けては3回転アクセルと4回転サルコウの習得に励んでいるというフロミフ。記事では「彼女が言ったように、トウループの方がサルコウより安定しているため、イタリア大会ではコーチたちとともにトウループをエントリーすることが予告されていた」と記している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集