[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「8秒後の悲劇」― GKの“バックパス勘違い”の珍事に反響「失態。さらに失態」

「8秒後の悲劇」― GKの“バックパス勘違い”の珍事に反響「失態。さらに失態」

海外サッカーで、バックパスをGKが“勘違い”でキャッチしてしまい、呆然としている間にボールを奪われ、間接FKから失点する珍事が発生。わずか8秒間で生まれた悲劇の瞬間を海外メディアが動画付きで紹介。「失態。さらに失態。目の覚めるようなナイスなゴール展開」と伝え、反響を呼んでいる。

GKがバックパスをキャッチする勘違いから思わぬ悲劇が…【写真:Getty Images】
GKがバックパスをキャッチする勘違いから思わぬ悲劇が…【写真:Getty Images】

AFCカップで珍プレー、バックパスをGKが堂々とキャッチ、その直後に…

 海外サッカーで、バックパスをGKが“勘違い”でキャッチしてしまい、呆然としている間にボールを奪われ、間接FKから失点する珍事が発生。わずか8秒間で生まれた悲劇の瞬間を海外メディアが動画付きで紹介。「失態。さらに失態。目の覚めるようなナイスなゴール展開」と伝え、反響を呼んでいる。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 まさかのシーンだった。「8秒後の悲劇」の主役となってしまったのは、カンボジアのボーウング・ケット・アンコールのGKスウ・ヤティーだった。

 6日のAFCカップ第3節、ホーム・ユナイテッド(シンガポール)戦。後半22分だった。自陣で味方DFが相手と競り合いながら、GKのヤティーに戻した。右足でトラップし、悠々とキープしていると、相手がチャージをかけてきた。そして、次の瞬間、軽くサイドに逃げながら、両手で拾い上げてしまったのだ。

 相手選手はすぐに手を挙げ、バックパスをアピール。直後に主審の笛が鳴り響いた。足を止め、何事かという表情のヤティー。競り合いからボールを前線に蹴ったのは、相手選手と認識していた。しかし、これが勘違い。状況を理解できないように、立ち尽くしていた。ところが、悲劇は終わらない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー