[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伊サッカー監督が選手を蹴り上げる 苦悶の表情に海外困惑「独特」「クレイジーだ」

海外サッカー、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で指揮官が選手に“喝”を入れたあるシーンが話題だ。現地時間9月30日のグループリーグ第2節で、ユベントスのマッシモ・アッレグリ監督が自軍選手の臀部を蹴って鼓舞。後日、セリエAの試合でも同じようにキックをお見舞いした。実際の映像を海外メディアが公開すると、ファンからは困惑の声があがっている。

ユベントスのフェデリコ・キエーザ(左)とマッシミリアーノ・アッレグリ監督【写真:AP】
ユベントスのフェデリコ・キエーザ(左)とマッシミリアーノ・アッレグリ監督【写真:AP】

ユベントス指揮官の“喝”に海外メディアも注目

 海外サッカー、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で指揮官が選手に“喝”を入れたあるシーンが話題だ。現地時間9月30日のグループリーグ第2節で、ユベントスのマッシモ・アッレグリ監督が自陣選手の臀部を蹴って鼓舞。後日、セリエAの試合でも同じようにキックをお見舞いした。実際の映像を海外メディアが公開すると、ファンからは困惑の声があがっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 9月30日のチェルシーとの試合中、スーツ姿のアッレグリ監督は、タッチライン際にいるFWフェデリコ・キエーザに歩み寄ると、いきなり右足を一振り。臀部に蹴りを入れた。鼓舞するように軽く蹴ったようには見えるが、珍しい場面だった。10月3日のセリエA第7節、トリノ戦でも同様にFWフェデリコ・ベルナルデスキにキック。背番号20は苦悶の表情を浮かべていた。

 米「Amazon」社の動画配信サービス「プライムビデオ」のイタリア版公式ツイッターは、キエーザがキックを受ける実際の映像を公開。すると、目の当たりにした海外ファンからは「綺麗に決まっているね」「クレイジーだけどいいアイデア」「不機嫌だね」「愛情の示し方」「独特なやり方だ」と様々な感情入り混じるコメントが寄せられている。

 英紙「デイリースター」も「ユベントスの監督、マックス・アッレグリが自軍の選手を蹴り上げ、痛がらせた」と題した記事で注目。10月3日の試合について「ベルナルデスキが味方のスローインの準備に入ろうとしたときにアッレグリは蹴りを入れた」と“喝”を入れたシーンを伝えていた。

 チェルシー戦では、蹴りを食らったキエーザが得点した。これを守り切ったユベントスが1-0で勝利。2勝とし、勝ち点6でグループH首位に付けている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集