[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、申告敬遠に現地大ブーイング 3戦8四球に米記者「見られずイライラする」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席では申告敬遠で歩かされた。ここ3試合で8四球と勝負を避けられる場面が目立ち、本拠地ファンからは大ブーイング。米記者からも「私も3000マイル離れたところからブーイングしています」と不満の声が上がっている。

大谷が勝負を避けられるシーンが増えている【写真:Getty Images】
大谷が勝負を避けられるシーンが増えている【写真:Getty Images】

3回の第2打席、2ボールから申告敬遠

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。3回の第2打席では申告敬遠で歩かされた。ここ3試合で8四球と勝負を避けられる場面が目立ち、本拠地ファンからは大ブーイング。米記者からも「私も3000マイル離れたところからブーイングしています」と不満の声が上がっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 大谷のスイングを見たいファンからはブーイングが起きた。3点を追う3回2死二塁で打席に立った大谷。カウント2ボールとなったところで、マリナーズは申告敬遠を選んだ。大谷は淡々と一塁へ向かうしかなかった。

 ここ3試合で8四球と徹底して勝負を避けられている。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「水曜に4四球、昨日3四球のショウヘイ・オオタニは今日のマリナーズ戦でも3回だが敬遠を受けた」とツイート。MLB公式サイトでアナリストを務めるマイク・ペトリエロ記者も「私も3000マイル(約4828キロ)離れたところからブーイングしています」「ただオオタニのスイングが見たかったんです」とツイッターで不満をあらわにしていた。

 さらに米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏も自身のツイッターに「オオタニを見られる機会が全然ないのでただただイライラする」とイライラを募らせているようだ。

 結局、後続が倒れてマリナーズの敬遠策は成功。大谷の後を打つ打者の調子が上がらない限り、これからも勝負を避けられる場面が増えそうだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集