[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、勝ち越しの42号! 元同僚打ち131m弾に米記者は驚愕「高くそびえ立つ一発」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席で今季42号となる勝ち越しソロを放った。今季エンゼルスからシーズン途中に移籍したアンドリュー・ヒーニー投手から飛距離431フィート(約131.36メートル)の豪快な一撃。実際の映像をMLBが公開し、米記者は「完璧なムーンショット」「高くそびえ立った一発」などと速報している。

5回、今季42号となる勝ち越しソロを放つ大谷翔平【写真:AP】
5回、今季42号となる勝ち越しソロを放つ大谷翔平【写真:AP】

ヤンキース戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地ヤンキース戦に「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席で今季42号となる勝ち越しソロを放った。今季エンゼルスからシーズン途中に移籍したアンドリュー・ヒーニー投手から飛距離431フィート(約131.36メートル)の豪快な一撃。実際の映像をMLBが公開し、米記者は「完璧なムーンショット」「高くそびえ立った一発」などと速報している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 打ち砕いた。5-5の同点で迎えた5回。先頭で打席に入った大谷は、相手2番手のヒーニーが投じた81マイルを引っ張った。高々と打ちあがったボールは悠々とフェンスを越える、勝ち越しの42号。風格十分にダイヤモンドを一周した。今季は同僚としてシーズンを迎え、7月31日にヤンキースへトレード移籍した左腕から豪快な131メートル弾を放った。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。メジャートップを走る一撃を、米記者も続々と反応している。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「ヒーニーがショウヘイ・オオタニに42号本塁打を献上した。高くそびえ立った一発だった」とツイッターで速報した。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニがヒーニーからソロHRを放ち、エンゼルスが6-5でリード。MLBトップとなる42号。飛距離431フィートで打球速度は111.8マイル。38度の(発射)角度で高く打ち上がった」とツイートした。また米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」のアビー・マストラッコ記者は「ショウヘイ・オオタニが元チームメイトのアンドリュー・ヒーニーから完璧なムーンショットを放った。ヤンキースファンからも歓声が起きている」と場内の様子をツイッターで伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集