[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平はなぜ攻略されたのか ずばりハマった“ブーン監督の予告”をNYメディア分析

試合前のブーン監督「彼は何人かを歩かせることになる」

 ブーン監督は「彼の中のストライクゾーンを少しコントロールできればと思っている」「彼は何人か歩かせることになるかもしれない」と話していたという。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷攻略にはモデルがあった。昨年のポストシーズン、インディアンス戦でのシェーン・ビーバーとの対戦だった。ヤンキースは2020年のサイ・ヤング賞に輝いたビーバーから4回2/3で9安打で7点を奪った。

 記事では「あの夜、打者たちはストライクゾーンを広げるのをやめ、ビーバーに打ちやすい球を投げさせた結果、7失点させた」と回想。「そして同じアプローチ方法で、今日のビッグゲームで一流の先発投手を早々に降板させた」と続けている。

 大谷乱調の裏には、ブーン監督の明確な狙いがあったようだ。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集