[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平はなぜ攻略されたのか ずばりハマった“ブーン監督の予告”をNYメディア分析

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地ヤンキース戦に「1番・投手」で出場したが、わずか2死しか奪えずノックアウト。5つの四死球を出し、2本の適時打を打たれるなど7失点の大乱調だった。チームは11-8で逆転勝ち。勝敗はつかなかった。ヤンキースはいかに大谷を攻略したのか。ニューヨークの放送局がブーン監督の発言を元に分析している。

ヤンキース戦に先発するも、初回で降板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
ヤンキース戦に先発するも、初回で降板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ヤンキースはいかに大谷を攻略したのか

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間1日)、敵地ヤンキース戦に「1番・投手」で出場したが、わずか2死しか奪えずノックアウト。5つの四死球を出し、2本の適時打を打たれるなど7失点の大乱調だった。チームは11-8で逆転勝ち。勝敗はつかなかった。ヤンキースはいかに大谷を攻略したのか。ニューヨークの放送局がブーン監督の発言を元に分析している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ストライクが入らなかった。大谷は立ち上がりから3連続四球で走者をためると、スタントン、トーレスに連続適時打を浴びた。なんとか2死を奪ったが、死球、押し出し四球と続いたところでマドン監督に交代を告げられた。

 安定した投球を続けていた大谷にとって今季最悪の2/3回での7失点KO。背番号17はなぜ攻略されたのか。現地放送局「スポーツネット・ニューヨーク」が紐解いている。

「ヤンキースがどのようにショウヘイ・オオタニを攻略したか振り返る」と題した記事では試合前のアーロン・ブーン監督のZoom会見をもとに記事を展開している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集