[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

左ストレートで大の字KO 23歳重量級王者の143秒殺に米戦慄「破壊的」「最高だ」

ボクシングのWBA世界スーパーミドル級タイトルマッチが27日(日本時間28日)、米ミネアポリスで行われ、王者・デビッド・モレル(キューバ)が、挑戦者の同級15位マリオ・カサレス(メキシコ)に1回KO勝ち。左ストレートで大の字にする豪快KOシーンを、米メディアが公開。「破壊的な左」「ぶっ倒されたな」などと米ファンを戦慄させている。

デビッド・モレル(右)がマリオ・カサレスに1回KO勝ちした【写真:Getty Images】
デビッド・モレル(右)がマリオ・カサレスに1回KO勝ちした【写真:Getty Images】

WBA世界Sミドル級タイトルマッチ、王者モレルが挑戦者を圧倒

 ボクシングのWBA世界スーパーミドル級タイトルマッチが27日(日本時間28日)、米ミネアポリスで行われ、王者・デビッド・モレル(キューバ)が、挑戦者の同級15位マリオ・カサレス(メキシコ)に1回KO勝ち。左ストレートで大の字にする豪快KOシーンを、米メディアが公開。「破壊的な左」「ぶっ倒されたな」などと米ファンを戦慄させている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 強烈な左であっという間に仕留めた。1ラウンド残り40秒過ぎ、サウスポーのモレルは左ストレートで相手をぐらつかせると、さらに追撃の左ストレートで顔面を打ち抜いた。崩れ落ちる挑戦者。うつろな表情で大の字になった。もはや試合続行は不可能だった。

 KOタイムは1ラウンド2分23秒。モレルはコーナーロープに上り、吼えながら勝利をアピールしていた。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のボクシングの米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」専門ツイッターは実際のKOシーンを公開。コメント欄には米ファンからの反響が集まっている。

「最高だ」
「痛たた……」
「何てファイトだ!」
「ぶっ倒されたな」
「何てビーストだ」
「早かったな」
「ヤバいな」
「なんてパンチだ!」
「破壊的な左」

 デビューから5連勝(4KO)を飾ったモレルは23歳。キューバの元トップアマで、昨年8月にわずか3戦目で同級暫定王座を獲得。正規王者に昇格し、この試合が初防衛戦だった。WBA同級は、スーパー王座にサウル・アルバレス(メキシコ)、ゴールド王座にヒョードル・チュディノフ(ロシア)がいる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集