[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レイズは大谷翔平に「投げるのをやめた方が…」 “異常な25号”に敵地記者は白旗

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地のレイズ戦に「2番・DH」で先発出場。9回の第5打席ではメジャートップに1本差に迫る25号ソロを放つなど、4打数3安打3打点1四球1盗塁。6-4で勝利したチームの連敗ストップに貢献した。MLB公式ツイッターでは異常な打球角度で打ち出された一発を動画付きで公開。敵地タンパの記者からは「レイズはオオタニに対して投げるのをやめた方が良いかも?」と漏らしている。

9回、左中間スタンドへ25号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
9回、左中間スタンドへ25号ソロを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

タンパの記者から漏れる感嘆「この男は信じられない」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地のレイズ戦に「2番・DH」で先発出場。9回の第5打席ではメジャートップに1本差に迫る25号ソロを放つなど、4打数3安打3打点1四球1盗塁。6-4で勝利したチームの連敗ストップに貢献した。MLB公式ツイッターでは異常な打球角度で打ち出された一発を動画付きで公開。敵地タンパの記者からは「レイズはオオタニに対して投げるのをやめた方が良いかも?」と漏らしている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 なぜこの内角球を、逆方向のスタンドまで届かせられるのか。大谷は1点リードの9回2死で迎えた第5打席だ。右腕フェアバンクスの94.8マイル(約152.6キロ)の内角フォーシームを流し打った。打ち出しから高々と飛び出した打球はぐんぐん伸びて、左中間スタンドへ飛び込んだ。

 メジャートップタイに1本差に迫る25号は飛距離384フィート(約117.0メートル)、打球角度38度という高弾道アーチ。目の当たりにしたレイズサイドの記者からも感嘆が漏れている。

 米フロリダ州地元紙「タンパベイ・タイムズ」のマーク・トップキン記者は「オオタニが逆方向への本塁打。なんて選手だ」と驚きをツイート。米フロリダ州地元放送局「10タンパベイ」のスポーツディレクター、エバン・クロスキー氏に至っては、自身のツイッターで「多分レイズはオオタニに対して投げるのをやめた方が良いかも? この男は信じられない」とお手上げ状態だった。

 すっかり大谷の虜になっている、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏も「ショウヘイ・オオタニがまたもや本塁打。冗談でしょう!? 一日で二塁打、三塁打、そして本塁打! もう言葉がない!」とツイッターに記している。

 大谷はレイズとの3連戦で11打数6安打2本塁打5打点と大暴れ。トロピカーナ・フィールドに大きな爪痕を残したようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集