[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、無念の代表落ち 右足痛の言い訳せず「痛みの話をするとそれのせいになる」

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、多田修平が10秒15(追い風0.2メートル)で優勝。東京五輪代表に内定した。桐生祥秀は10秒28の5位で代表入りを逃した。

陸上・日本選手権、男子100メートル決勝で5位に終わった桐生祥秀【写真:編集部】
陸上・日本選手権、男子100メートル決勝で5位に終わった桐生祥秀【写真:編集部】

陸上・日本選手権

 東京五輪代表の最終選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第2日が25日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子100メートル決勝では、多田修平が10秒15(追い風0.2メートル)で優勝。東京五輪代表に内定した。桐生祥秀は10秒28の5位で代表入りを逃した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 2位は10秒19のデーデー・ブルーノ、3位は10秒27の山縣亮太、4位は10秒27の小池祐貴だった。決勝の結果、多田、山縣が男子100メートル代表に内定した。小池は3位以内に入れなかったが、選考基準では「日本選手権の順位」が第一優先されるため、代表入りが濃厚。桐生祥秀、サニブラウン・ハキームは100メートルの代表を逃した。

 今大会は6日に9秒95の日本新記録を樹立した山縣、9秒97の前日本記録保持者サニブラウン、自己ベスト9秒98の桐生と小池、同10秒01の多田が決勝進出。自己ベスト9秒台が4人出場し、史上最もハイレベルな五輪代表争いとなった。内定には、参加標準記録10秒05を切った上で今大会3位以内が条件。大会前まで山縣、サニブラウン、桐生、小池、多田の5選手が同記録を突破済みだった。

 桐生はレース後に「なんて言うんですかね。悔しいというのは変ですけど、今まで東京五輪を7、8年目指してきたので、いろいろあったので一区切りかなと思います」とコメント。右アキレス腱痛を抱えたことについて質問を受けると「今、足の痛みを答えると、それのせいになる。足のことは答えなくても大丈夫ですか」と言い訳をしない姿勢を貫いた。

 リレーでメンバー入りする可能性もあるが「サイドが山縣さんと多田選手。前半はリードされていると思っていた。うまくいかなかったのは結果に表れている。次のレースがいつになるかわからないけど、また頑張りたい」と切り替えた。

【決勝成績】
優勝 多田修平(住友電工) 10秒15
2位 デーデー・ブルーノ(東海大) 10秒19
3位 山縣亮太(セイコー) 10秒27
4位 小池祐貴(住友電工) 10秒27
5位 桐生祥秀(日本生命) 10秒28
6位 サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC) 10秒29
7位 柳田大輝(東京農大二高) 10秒41
8位 東田旺洋(栃木スポ協) 10秒42

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集