[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、一塁側から見た“美ダイビング捕球”に米ファン驚愕「内野でも活躍できる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのタイガース戦に「2番・投手」で投打同時出場。6回5安打1失点、5奪三振と好投し、今季3勝目を挙げた。この試合の4回には、バントのゴロ処理でまさかのダイビングキャッチを披露。惜しくもセーフとなったが、見事な身のこなしだった。一塁側から“美守”をとらえた実際の映像を米記者が公開。「クレイジーな守備」「内野手でも活躍できる」などと驚きの声が広がっている。

タイガース戦に2番・投手で出場し6回1失点で今季3勝目を挙げた大谷翔平【写真:AP】
タイガース戦に2番・投手で出場し6回1失点で今季3勝目を挙げた大谷翔平【写真:AP】

タイガース戦で今季3勝目をマーク

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのタイガース戦に「2番・投手」で投打同時出場。6回5安打1失点、5奪三振と好投し、今季3勝目を挙げた。この試合の4回には、バントのゴロ処理でまさかのダイビングキャッチを披露。惜しくもセーフとなったが、見事な身のこなしだった。一塁側から“美守”をとらえた実際の映像を米記者が公開。「クレイジーな守備」「内野手でも活躍できる」などと驚きの声が広がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 投手のゴロ処理としては、珍しいダイビングだ。大谷は4回、先頭打者のカンデラリオが三塁側へ転がしたバントの処理へ向かう。抜かれそうな強さだったのか、何と飛びついてこれをキャッチ。素早く立ち上がり、一塁へ送球した。ボールが逸れ、惜しくもアウトにはならなかったものの、ダイナミックな守備だった。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」のジャック・ハリス記者は、一塁側からこの守備を撮影した映像を自身のツイッターに公開。「ショウヘイ・オオタニがクレイジーな守備を見せた」と文面に驚きをつづった。米ファンからも「このプレーのことはいくら話しても終わらない」「ほとんどの投手が捕球することさえできない」「何でもできるエリート」「彼は内野手としても活躍できそうだ」「惜しかった」「MVP」などとコメントが寄せられている。大谷の好投もあり、チームは7-5で勝利。連敗を3で止めた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集