[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゲレーロJr.が独走22号 グリーンモンスター越え137m弾に米ファン驚愕「弾道が凄い」

米大リーグ・ブルージェイズのウラジミール・ゲレーロJr.内野手が14日(日本時間15日)、レッドソックス戦で22号ソロ本塁打を放った。0-1の9回2死から同点に追いつく451フィート(約137メートル)の特大弾。2位と3本差でメジャートップを走る22歳の一発を、MLBが映像で公開。「弾道がすごい」「惑星最高の打者?」と米ファンを驚愕させている。

22号ソロ本塁打を放つブルージェイズのウラジミール・ゲレーロJr.【写真:AP】
22号ソロ本塁打を放つブルージェイズのウラジミール・ゲレーロJr.【写真:AP】

両リーグ単独トップのゲレーロJr.がまたも豪快弾

 米大リーグ・ブルージェイズのウラジミール・ゲレーロJr.内野手が14日(日本時間15日)、レッドソックス戦で22号ソロ本塁打を放った。0-1の9回2死から同点に追いつく451フィート(約137メートル)の特大弾。2位と3本差でメジャートップを走る22歳の一発を、MLBが映像で公開。「弾道がすごい」「惑星最高の打者?」と米ファンを驚愕させている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 敗戦目前の場面で、ゲレーロJr.のバットが火を噴いた。0-1の9回2死走者なし。カウント0-1からの2球目、右腕バーンズが投じた真ん中低めの86マイル(約138キロ)変化球を振り抜いた。歓声が上がる中、手応え十分の打球はフェンウェイパーク名物グリーンモンスターを悠々と越えた。土壇場で同点に追いつく一発に、ベンチは総立ちで大喜びだ。

 豪快な今季22号は打球速度114.7マイル(約184.5キロ)、飛距離451フィート(約137メートル)の特大弾。MLB公式ツイッターが実際の映像を公開。文面に「勝負強いブラッディー」とつづった投稿に、米ファンからは「ビデオゲームの選手」「弾道が凄い」「見ていてワクワクするスイング」「惑星最高の打者?」「なんという弾丸」「スペシャル以上の存在」「止まらないね」とコメントが殺到している。

 ゲレーロJr.は現在、両リーグを通じて本塁打数トップ。2位のフェルナンド・タティスJr.(パドレス)に3本差、ア・リーグではマット・オルソン(アスレチックス)に4本差をつけた。今季17本を記録しているエンゼルス・大谷翔平とは5本差となった。この一発で追いついたブルージェイズだったが、試合はレッドソックスが裏の攻撃で1点を奪いサヨナラ勝ちしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集