[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

158kmを球審カメラで体感 米ドラ1候補の“危険球”がバズ状態「パンツ濡れちゃった」

米大学野球のドラフト1位候補右腕の一球がバズっている。米国の投球分析家が球審カメラで撮影された動画を公開。12日(日本時間13日)の試合で打者の顔面付近に投じられた98マイル(約157.72キロ)直球の迫力ある映像に対し、SNS上では「パンツが濡れてしまった」と声が上がっている。

米大学野球のドラフト1位候補右腕の一球が話題を呼んでいる(画像はロブ・フリードマン氏のツイッターより)
米大学野球のドラフト1位候補右腕の一球が話題を呼んでいる(画像はロブ・フリードマン氏のツイッターより)

米ドラフト1候補右腕の剛速球が顔面付近へ…球審カメラの映像とは

 米大学野球のドラフト1位候補右腕の一球がバズっている。米国の投球分析家が球審カメラで撮影された動画を公開。12日(日本時間13日)の試合で打者の顔面付近に投じられた98マイル(約157.72キロ)直球の迫力ある映像に対し、SNS上では「パンツが濡れてしまった」と声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 こちらも思わずのけぞってしまいそうだ。捕手の後ろ、球審の目線で撮られた映像。マウンドのジャック・ライターが直球を投げ込んだ。剛速球が左打者の顔面付近を通過。打者はギリギリで避けたものの、当たっていればひとたまりもない。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が、ツイッターに動画を公開。「ジャック・ライターの98マイル直球はどう見える?」とつづると、SNS上で拡散している。米放送局「NBC・サンディエゴ」の男性レポーター、デレク・トガーソン氏は「パンツが濡れてしまった。恐ろしい」と反応。ホーネッツやサンズなどでプレーしたレックス・チャップマン氏も「これはヤバい」とツイートしている。

 米ファンも「これは悪夢」「ビデオゲームのような光景」「想像するだけで怖い」と戦々恐々の様子だ。米大リーグ・メッツなどで投手として活躍したアル・ライター氏の息子で、ヴァンダービルト大で活躍するジャック。この日はイースト・カロライナ大戦に先発し、7回2安打1失点の10奪三振。チームは4-1で勝利投手となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集