[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「4月4日を思い出させる」 大学生の二刀流サヨナラ弾にMLB公式も注目

米大学野球で二刀流の活躍をした選手が注目されている。8日(日本時間9日)にバージニア大の選手が先発で4回無失点。打者として出場を続け、サヨナラ本塁打を放った。動画が公開された中、MLB公式は大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手を引き合いに「4月4日を思い出させる」と報じている。

米大学野球で二刀流の活躍をした選手が注目されている(画像はイメージです)
米大学野球で二刀流の活躍をした選手が注目されている(画像はイメージです)

米大学野球で二刀流の活躍

 米大学野球で二刀流の活躍をした選手が注目されている。8日(日本時間9日)にバージニア大の選手が先発で4回無失点。打者として出場を続け、サヨナラ本塁打を放った。動画が公開された中、MLB公式は大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手を引き合いに「4月4日を思い出させる」と報じている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 投打で大活躍だ。3-3の延長10回無死走者なし。デビン・オルティスは豪快な一振りを見せた。打球は左中間スタンドへ。サヨナラソロだ。ベンチからナインが飛び出し、もみくちゃにされた。MLBのドラフト候補者に注目するアカウント「MLBパイプライン」が動画を公開し、こうつづっている。

「ちょっと失礼、オオタニさん! 過去2年間で2イニングしか投げていなかったバージニア大のデビン・オルティスが4回を投げて無失点。サヨナラ弾を打ってチームをスーパーリージョナルに導いた」

 この活躍にMLB公式サイトも「バージニアの4年生がプレーオフでオオタニを彷彿とさせる」の見出しで注目。同サイトによると、オルティスは8日のドミニオン大戦で初先発し、4回無失点だった。「さらにDHとして試合に残り、10回にサヨナラ弾を放ってチームをスーパーリージョナルへ導いた」と説明。大谷を引き合いに出している。

「このパフォーマンスは、オオタニが4月4日のホワイトソックス戦で2番・投手として先発し、100マイル(約161キロ)超えの投球と451フィート(約137メートル)の本塁打を放った時のことを思い出させるものだった」

 大学では時折見受けられる二刀流。それでも投打で活躍すれば、大谷の名前が登場するようだ。記事では「オルティスは二刀流選手としてリクルートされたが、1年時に苦戦。2年時はリリーフ投手を務め、3、4年時はほとんど打者に専念している状態だった」としている。しかも、今年の登板はわずか2イニング。それでもこの日は、1安打6奪三振、サヨナラ弾を含む4打数2安打だったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集