[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ユ・サンチョル氏死去 “日本人最後の愛弟子”が胸打たれた会話「痛くても100%で…」

 サッカーJリーグの横浜F・マリノスと柏レイソルで活躍した元サッカー韓国代表の柳想鉄(ユ・サンチョル)さんが7日に死去した。現役引退後は指導者として活躍していた柳氏。2012年から13年まで韓国1部大田シチズンで指導を受けた元U-20日本代表MFの馬場憂太さんが、“日本人最後の愛弟子”として恩師の生前の思い出を振り返った。

馬場憂太さん(右)が恩師である柳想鉄氏の生前の思い出を振り返った【写真:本人提供】
馬場憂太さん(右)が恩師である柳想鉄氏の生前の思い出を振り返った【写真:本人提供】

横浜F・マリノスなどでも活躍したユ・サンチョル氏が死去

 サッカーJリーグの横浜F・マリノスと柏レイソルで活躍した元韓国代表MFの柳想鉄(ユ・サンチョル)さんが7日に死去した。現役引退後は指導者として活躍していた柳氏。2012年から13年まで韓国1部大田シチズンで指導を受けた元U-20日本代表MFの馬場憂太さんが、“日本人最後の愛弟子”として恩師の生前の思い出を振り返った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

「ずっと危ない状態だということを聞いていましたので、当時のチームメートと最近も容体を伝える連絡がずっと来ていました。回復を願っていましたが、本当にショックです」

 7日に関係者から柳氏の訃報を聞いたという馬場さんは、抜群のテクニックと高い得点能力を武器にJリーグで活躍。FC東京ユース時代にクラブユース選手権で得点王&MVPを獲得し、日本一に貢献。クラブ初のトップ昇格を果たすと、U-18からU-20にかけて世代別代表を経験。29歳の若さで現役引退したが、最後にプレーしたクラブがKリーグの大田シチズンだった。そこで指導者1年目の柳氏と出会った。

 Kリーグ移籍の理由は柳氏からのラブコールだったという。「当時僕はドイツにいました。ブンデスリーガ2部だったデュッセルドルフの練習に参加していたのですが、一旦移籍が決まったと伝えられた後に、白紙になってしまいました。呆然としていた時に、知らない番号から電話がかかって来ました。柳さんの代理人からでした。ドイツメディアの情報を把握していたようで、『すぐに大田に来てくれないか?』と伝えられました。すぐに空港に向かいました」

 シーズン途中の電撃移籍の裏話を明かしてくれた馬場さん。韓国での第一印象も深く記憶に残っている。

「Jリーグでも活躍していて、韓国ではレジェンドのような存在。昼の練習で合流する前にクラブハウスで挨拶しました。チームジャージ姿でしたが、シュッとしていて格好良かった。現役時代とあまり変わらない。日本語も堪能で、獲得の理由も教えてくれました。FC東京でのプレーを覚えていたそうです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集