[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵ファンも異例“総立ち” 代打四球にエ軍OBも不満「私もブーイングした」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5月31日(日本時間6月1日)、ジャイアンツ戦の9回に代打で四球を選んだが、観客は二刀流の打撃機会を奪う格好となった投手にブーイングを浴びせた。米メディアは敵地ファンが立ち上がって凝視した打席の動画を公開。エンゼルスOBは「私もブーイングしました」と語っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

31日は代打で四球、エ軍OBも注目した敵ファンのブーイングシーンとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5月31日(日本時間6月1日)、ジャイアンツ戦の9回に代打で四球を選んだが、観客は二刀流の打撃機会を奪う格好となった投手にブーイングを浴びせた。米メディアは敵地ファンが立ち上がって凝視した打席の動画を公開。エンゼルスOBは「私もブーイングしました」と語っている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 大谷に多くの視線が注がれた。1-6の9回2死から代打で登場。敵地で珍しい光景が広がった。大谷の背中側から捉えた映像では、三塁側スタンドのファンが総立ちに。スマホ片手に見つめ、ジャイアンツのユニホーム姿の人も。二刀流に大注目だったが、四球を選ぶと、自軍投手のトロピアーノにブーイングを浴びせた。

 米記者やファンからも様々な意見が寄せられていたが、ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターもハイライト動画付きで注目。「昨日全ての注目はショウヘイに。そして全員がヒットを見たかった」とつづった。動画内では、元エンゼルス投手で同局の解説者を務めるマーク・グビザ氏が「私もブーイングしました。彼のヒットが見たかった」と“不満”を吐露。こう続けている。

「ジョー・マドン監督が言いましたが、彼は多くのことで特別。もし、ストライクに来ていれば彼は打っていたでしょう」

 出塁後、三塁ベース上では塁審から挨拶される珍しいシーンも注目されるなど、敵地サンフランシスコでの人気ぶりも話題に。大谷は1日(日本時間2日)のジャイアンツ戦も2試合連続でベンチスタートとなっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集