[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

196cmスリム右腕が8連続K 幻惑カーブ&直球に米ファン注目「若き魔術師」「未来の星」

米大リーグ・インディアンスのトリストン・マッケンジー投手が31日(日本時間1日)、ホワイトソックス戦でア・リーグタイ記録となる8者連続奪三振を記録した。スリムな体つきから投じられたキレのある直球と変化球の映像を、MLB公式ツイッターが公開。「若き魔術師」「カーブは本当にエゲツない」などと米ファンから反響が寄せられている。

インディアンスのトリストン・マッケンジー【写真:AP】
インディアンスのトリストン・マッケンジー【写真:AP】

ホワイトソックス戦でリーグ記録タイをマーク

 米大リーグ・インディアンスのトリストン・マッケンジー投手が31日(日本時間1日)、ホワイトソックス戦でア・リーグタイ記録となる8者連続奪三振を記録した。スリムな体つきから投じられたキレのある直球と変化球の映像を、MLB公式ツイッターが公開。「若き魔術師」「カーブは本当にエゲツない」などと米ファンから反響が寄せられている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 細身の右腕が快投した。ホワイトソックス戦に先発したマッケンジー。圧巻は3回2死からだ。4番のアブレイユを高めの直球で空振り三振に仕留め、奪三振ショーが開幕した。高めボール球に思わず手が出る打者が続いたかと思えば、キレ・落差ともに凄まじいカーブでも幻惑。画面に表示された最速は92マイル(約148キロ)だが、それ以上の速さを感じさせているかもしれない。

 8者連続で三振を奪った実際の映像を、MLB公式ツイッターが公開。文面で「これはインディアンス新記録」と紹介したほか、インディアンス公式ツイッターも「トリストン・マッケンジーはア・リーグタイ記録となる8者連続奪三振を達成」と快挙を伝えた。

 23歳のマッケンジーは、身長196センチ、体重75キロとMLB選手としてはスリムな体型。昨年メジャーデビューし、8試合に登板して2勝1敗、防御率3.24を記録した。この日は6回途中4安打5失点も10奪三振をマーク。米ファンからは「彼のカーブは本当にエゲツない」「マウンド上の若き魔術師」「球はエリート級。未来のスター」「興奮で眠れない」「卓越している」「本当に素晴らしい」などとコメントが寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集