[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が競走 一塁手大慌ての“ギリギリ凡退”に米記者驚き「オオタニ速すぎる!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、アストロズ戦に「2番・DH」で出場。5打数無安打だったが、一ゴロを放った際の快足が注目されている。一塁手のユリエスキ・グリエルが捕球後、大慌てでベースを踏む実際の映像を米記者が公開。「アウトだと分かっているが、オオタニは速すぎる!」などと驚きの声があがっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

一ゴロでグリエルと競走、速度は秒速30.3フィート

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、アストロズ戦に「2番・DH」で出場。5打数無安打だったが、一ゴロを放った際の快足が注目されている。一塁手のユリエスキ・グリエルが捕球後、大慌てでベースを踏む実際の映像を米記者が公開。「アウトだと分かっているが、オオタニは速すぎる!」などと驚きの声があがっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 一塁手もうかうかできない。8回の第5打席、大谷は一塁へのゴロを打たされた。ベース後方でグリエルが捕球。普通ならさほど焦らずにアウトを取れる打球だったが、大谷は全力疾走でセーフを狙っていた。捕球後のグリエルも、猛然とベースを目指す。なんとか先に右足で一塁を踏んでアウトとなったが、もう少しで内野安打という所だった。

 慌てたグリエルも映された実際の映像を、過去に米紙「USAトゥデー」に寄稿していたマイケル・シュワブ記者が自身のツイッターに公開。文面では「ユリはオオタニとのレースに勝ったようだ」とつづった。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLBアナリストのベン・バーランダー氏は「アウトだと分かっているが、オオタニは速すぎる!」とツイッターに驚きをつづった。MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー記者のツイートによると、大谷の速度は秒速30.3フィート(約9.2メートル)で、エリート級のスピードだという。 大谷は3打席連続三振を喫するなど5試合ぶりの無安打だったが、チームは5-4で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集