[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀「何を言っても自分のミス」 0秒068フライング、まさかの予選失格で呆然

陸上の東京五輪テスト大会「READY STEADY TOKYO」が9日、東京・国立競技場にて無観客で行われ、男子100メートル予選では桐生祥秀(日本生命)がまさかのフライングで失格となった。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)を見据えた大会。2004年アテネ五輪&17年世界陸上の金メダリスト、ジャスティン・ガトリン(米国)も出場したが、戦えなかった。

桐生祥秀がフライングで失格となった【写真:Getty Images】
桐生祥秀がフライングで失格となった【写真:Getty Images】

国立競技場で熱戦

 陸上の東京五輪テスト大会「READY STEADY TOKYO」が9日、東京・国立競技場にて無観客で行われ、男子100メートル予選では桐生祥秀(日本生命)がまさかのフライングで失格となった。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)を見据えた大会。2004年アテネ五輪&17年世界陸上の金メダリスト、ジャスティン・ガトリン(米国)も出場したが、戦えなかった。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 桐生は予選に5レーンで登場。4レーンのケンブリッジ飛鳥と隣り合う位置でスタートを迎えたが、合図より早く動き出してしまった。フライングの自覚はあったようで、直後は頭を抱え、膝に両手をついてガックリ。呆然とした表情を浮かべた。号砲から0秒068のフライングとなり、悔しさを露わにした。

 正式に失格を伝えられると、歩いてレーンから去っていった。取材エリアに現れ「これは自分のミス。やってはいけないこと。せっかくガトリン選手がいて走ることすらできなかった」と吐露。さらにこう続けた。

「どちらかというと調子が良くて、タイムを狙い過ぎた。気を急ぎ過ぎた。この2本を走ると、あとは鳥取(6月6日・布勢スプリント)になる。五輪本番で予選、準決勝とレースがあるし、いろんなことを考えると、予選から(気持ちを)抜けるレースはない。抑えられなかった。本当は叫びたいくらい悔しいですね」

 今季は3月の日本室内選手権60メートルに出場したが、左膝裏の違和感で決勝を棄権。4月11日の出雲陸上は大事をとって欠場した。同29日の織田記念国際は10秒30(追い風0.1メートル)だった。痛恨の失格に「織田記念の反省を生かせなかった。セットからしっかり出ようとしたけど、1歩目、2歩目で拾いに行き過ぎた。一番は気持ちの部分。絶対にフライングはやっていけない。何を言っても自分のミスです」と淡々と話した。

 向かい風0.2メートルだった1組の多田修平が10秒24、小池祐貴が10秒28、ガトリンが10秒26、向かい風0.4メートルだった2組のケンブリッジ飛鳥が10秒28で決勝に進んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集