[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デシャンボーがまさかの失態 勘違いで帰宅、往復2900kmに米笑撃「失態でカオス起こす」

米男子ゴルフのウェルズ・ファーゴ選手権は8日(日本時間9日)、米ノースカロライナ州シャーロットのクエイル・ホローCで第3日が行われた。世界ランク5位のブライソン・デシャンボー(米国)は23位に順位を上げたが、まさかの“勘違い”で往復約2900キロを移動するハメに。一体何が起きたのか。米メディアが「デシャンボーは凄い飛距離で知られているが、これは全く異なるものだ」などと注目を浴びせている。

勘違いから思わぬ移動を強いられたブライソン・デシャンボー【写真:AP】
勘違いから思わぬ移動を強いられたブライソン・デシャンボー【写真:AP】

予選落ちと勘違いで帰宅も…

 米男子ゴルフのウェルズ・ファーゴ選手権は8日(日本時間9日)、米ノースカロライナ州シャーロットのクエイル・ホローCで第3日が行われた。世界ランク5位のブライソン・デシャンボー(米国)は23位に順位を上げたが、まさかの“勘違い”で往復約2900キロを移動するハメに。一体何が起きたのか。米メディアが「デシャンボーは凄い飛距離で知られているが、これは全く異なるものだ」などと注目を浴びせている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 思わぬ失態だ。米紙「ニューヨーク・ポスト」は「『おっと』:ブライソン・デシャンボーのフライトの失態がカオスを起こす」と題した記事を掲載。「デシャンボーは凄い飛距離で知られているが、これは全く異なるものだ」と笑撃の勘違いに注目している。

 2日目は2バーディー、2ボギー、1トリプルボギーの74とスコアを落としていたデシャンボー。通算2オーバーはホールアウト時点で90位あたりだったという。今大会で決勝ラウンドに進めるのは上位65選手。デシャンボーは「予選を通過できないと思ったため、シャーロットを離れた」という。

 しかし本人の予想に反して64位でギリギリ予選を通過することができた。3日目のスタート時間は午前8時10分だったが、デシャンボーは「ダラスの自宅へ帰っている途中だった」ようだ。

 会場へ急遽引き返す羽目になったデシャンボー。記事では「他の選手が休んでいる間、デシャンボーは往復1800マイル(約2900キロ)を移動。プライベートジェットで戻った」と伝えている。

 思わぬ展開で3日目を迎えたデシャンボーだったが、5バーディー、1ダブルボギーの68で回り、64位から23位へジャンプアップしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集