[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

39歳福士加代子、1万m完走選手では最下位 “福士節”は健在「明日から絶対走らない」

東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権女子1万メートルが3日、静岡・エコパスタジアムで行われた。39歳の福士加代子(ワコール)は34分00秒53で19位となり、完走した選手では最下位。5大会連続の五輪出場決定はならなかった。20歳・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で優勝、27歳の安藤友香(ワコール)も31分18秒18の2位で五輪代表に内定した。

日本選手権女子1万メートルで19位となった福士加代子【写真:奥井隆史】
日本選手権女子1万メートルで19位となった福士加代子【写真:奥井隆史】

東京五輪代表を懸けた日本選手権1万m

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権女子1万メートルが3日、静岡・エコパスタジアムで行われた。39歳の福士加代子(ワコール)は34分00秒53で19位となり、完走した選手では最下位。5大会連続の五輪出場決定はならなかった。20歳・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で優勝、27歳の安藤友香(ワコール)も31分18秒18の2位で五輪代表に内定した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 福士は序盤から先頭にはついていけず、1000メートル付近から最後尾となった。徐々に差をつけられて一人に。5000メートル付近では先頭の廣中に抜かれて周回遅れに。それでも最後まで走り切り、フィニッシュ後は両手を広げて拍手に応えた。

 レース後の会見では「感想は……ね。レースでは全然勝負にならなかったけど、見守られて完走できてよかった」と振り返った。大きな拍手をもらい「感動しちゃいましたね。嬉しくなって感動しました」と笑顔。何度も出場してきた日本選手権を終え「全部、経験しましたね。1等賞も2番、3番も周回遅れも。大きい大会でこんなにドベドベになるのも。そのあと拍手をもらうのも」と“福士節”だった。

 さらに「全然練習していない」と明かし「痛みもあるし、精神的なものもある」と説明。「1周しか持ちませんでした」と笑った。それでも「一丁前に勝ちたいと思っていた。一丁前に! その気持ちは変わらない」と振り返り、同じワコールの安藤友香が2位で五輪代表に内定し「うちのチームは凄いと思います」とコメント。次戦について問われると、「一礼して来たのでどっちでもいいように(挨拶)してきた」と煙に巻いた。

 五輪は04年アテネから4大会連続出場してきたレジェンド。東京五輪はマラソンで目指していたが、19年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)7位、20年の名古屋ウィメンズは途中棄権で出場できず。今大会は1万メートルに挑んだが、2002年にマークした30分51秒81の自己ベストにも及ばなかった。「勝負には負けたけど、自分には勝った。(今後は)どっちでもいい。やりたくなったらやるかな。明日からは絶対走らない。夜鳴きそばをどれだけ食べようかという感じ」と話して会見を締めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集