[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、横滑り変化の“完璧バックドア”に米驚愕「常軌を逸脱」「打者は悪くない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数2安打2打点、投げては5回3安打4失点で、2018年5月20日以来となる白星を手にした。大谷が投じた、外角ボールゾーンから鋭く曲がるスライダーの実際の映像を米記者が公開。米ファンからは「美しい」「常軌を逸脱している」などと反響が寄せられている。

「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズ戦で3年ぶり白星、米記者「エグい」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数2安打2打点、投げては5回3安打4失点で、2018年5月20日以来となる白星を手にした。大谷が投じた、外角ボールゾーンから鋭く曲がるスライダーの実際の映像を米記者が公開。米ファンからは「美しい」「常軌を逸脱している」などと反響が寄せられている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 大きな変化だった。大谷の4回のマウンド。2者連続三振を奪って迎えた左打者ホルトへ、最後は外角ボールゾーンから変化するスライダーを投じた。キレよく、変化量も大きい82マイル(約132キロ)が、横滑りするようにストライクゾーンへ曲がる。見事なバックドアに、ホルトは手が出なかった。見逃し三振に、大谷は跳ねるようにベンチへ向かった。

 実際の投球映像を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者が自身のツイッターに公開。「ショウヘイ・大谷によるエグいバックドアスライダー」と文面で紹介したほか、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏も「オオタニのバカげた82マイルのバック・フロント・スライダー」と記し、同様の動画を自身のツイッターで公開した。

 米ファンからは「まじかよ……」「これは打者は悪くない」「ビデオゲームでこういう投球をする」「美しい」「俺たちの世代のベーブ・ルース」「人間じゃない」「常軌を逸脱している」「揺れていないか?」などと驚きの声が寄せられている。大谷は初回に3ランを打たれるなど4失点するも、9つの三振を奪う力投で3年ぶりの白星を掴んでいる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集