[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アストロズ右腕、大谷翔平まで続いた“35年ぶり快記録”に米注目「最初の8アウトを…」

米大リーグ・アストロズのクリスチャン・ハビエル投手が、奪三振で注目されている。22日(日本時間23日)、大谷翔平投手が「2番・DH」で出場したエンゼルス戦に先発登板。5回3安打無失点だった。連続ではないものの、最初の8つのアウトは全て三振で記録。米メディアは「アストロズでは1986年以来」と35年ぶりの快投を伝えている。

アストロズのクリスチャン・ハビエル【写真:AP】
アストロズのクリスチャン・ハビエル【写真:AP】

ハビエルが登板から8つのアウトを全て三振で奪う

 米大リーグ・アストロズのクリスチャン・ハビエル投手が、奪三振で注目されている。22日(日本時間23日)、大谷翔平投手が「2番・DH」で出場したエンゼルス戦に先発登板。5回3安打無失点だった。連続ではないものの、最初の8つのアウトは全て三振で記録。米メディアは「アストロズでは1986年以来」と35年ぶりの快投を伝えている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 エンゼルスの強力打線が沈黙した。ハビエルは初回、フレッチャーから空振り三振を奪うと、続く大谷は外角へ逃げる87マイル(約140キロ)のボールで仕留めた。大谷はバットを伸ばすも当たらず、三振。ハビエルはここから四球、安打は与えながらも、大谷が3回の第2打席で中飛を放つまで8つのアウト全てを三振で奪った。

 MLBスタッツの公式ツイッターは「ハビエルは、アストロズでは1986年のジム・デシェイズ以来となる最初の8つのアウトを全て三振で奪った投手となった」とチーム35年ぶりの快投であったと速報。MLB公式サイトのアストロズ番ブライアン・マクタガート記者も「ショウヘイ・オオタニの3回の打席はセンターフライに終わった。エンゼルスにとっては、この試合初めての三振以外のアウトとなった」とツイッターで伝えていた。

 ドミニカ出身のハビエルは昨季メジャーデビューした24歳。この日は5回3安打無失点、9奪三振と好投して今季2勝目(0敗)を挙げた。17日(日本時間18日)には、メッツのデグロムが9者連続奪三振を達成。さすがにデグロムには劣るが、ハビエルも奪三振で注目されていた。大谷は5打数無安打だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集