[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米OP制すのは「BIG4」の一角かダークホースか錦織か―海外メディアが展望

今年のテニス四大大会の最終戦となる全米オープンが現地時間29日に開幕する。今大会ではノバク・ジョコビッチ(セルビア)やアンディ・マレー(イギリス)といった優勝候補筆頭以外にも実力者が勢揃いし、ハイレベルな戦いになると英メディアが展望している。

20160829_murray

英メディアはハイレベルな戦い予想、錦織は「再びチャンスを待ち望んでいる」

 今年のテニス四大大会の最終戦となる全米オープンが現地時間29日に開幕する。2年前の同大会の男子シングルスでは錦織圭が日本人初の四大大会ファイナリストとなったが、今大会ではノバク・ジョコビッチ(セルビア)やアンディ・マレー(イギリス)といった優勝候補筆頭以外にも実力者が勢揃いし、ハイレベルな戦いになると英メディアが展望している。

 イギリスの全国紙「デイリー・テレグラフ」電子版は「USオープン2016の論点、マレーとジョコビッチの覇権争い」とのタイトルで全米オープンの大会展望を掲載。「ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、そして先のウィンブルドンまではジョコビッチ時代だった。ついにマレー時代を迎えるのか?」と、リオ五輪で2大会連続金メダルを成し遂げたスコットランド出身の29歳に期待を寄せつつも、今大会は実力者が揃うとレポートしている。

 その代表格として挙げられているのがリオ五輪銀メダリストのフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)だ。「負傷によって世界ランキング142位まで落ちているため、ノーシードの選手になる。誰もが序盤戦での戦いを避けたい人物になる」と評されている。

 デルポトロ以外で「ダークホース」的存在に挙げられているのは2年前、同大会決勝で錦織圭(日清食品)を下して王者となったマリン・チリッチ(クロアチア)だ。「2年前の優勝は多くの人に“まぐれ”として見られていたが、この夏、再び優れたテニスを見せ、マレーの22連勝を止めた」と、8月のウェスタン&サザン・オープンで優勝したことに触れている。

 特集ではデルポトロやチリッチだけでなく、打倒「BIG4」を狙う選手も紹介。錦織圭はミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、スタン・ワウリンカ(スイス)らとともに名前を挙げられており、「14年のファイナリストは再びチャンスを待ち望んでいる」とレポートされている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集