[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トラウト、小学校へ飛び込む特大3号に米ファン驚愕「深すぎる」「どこまで飛んだんだ」

米大リーグ・エンゼルスのマイク・トラウト外野手が8日(日本時間9日)、敵地でのブルージェイズ戦で飛距離444フィート(約135メートル)の3号ソロを放った。場外へと消えた一発の実際の映像をエンゼルスが公開。球場の左翼奥には小学校があり、米記者は「小学校まで飛ばしたかもしれない」などと注目していたが、MLB公式サイトも「特大弾は文字通り学校に着弾した」と報じている。

場外弾を放ったマイク・トラウト【写真:Getty Images】
場外弾を放ったマイク・トラウト【写真:Getty Images】

ブルージェイズ戦で放った場外弾は左翼奥の小学校へ…

 米大リーグ・エンゼルスのマイク・トラウト外野手が8日(日本時間9日)、敵地でのブルージェイズ戦で飛距離444フィート(約135メートル)の3号ソロを放った。場外へと消えた一発の実際の映像をエンゼルスが公開。球場の左翼奥には小学校があり、米記者は「小学校まで飛ばしたかもしれない」などと注目していたが、MLB公式サイトも「特大弾は文字通り学校に着弾した」と報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 どこまで飛んだのだろうか。3-3の同点で迎えた5回2死走者なし。トラウトは高めの甘い球を逃さなかった。強振した打球は大歓声の中レフトへ。左翼手もすぐにあきらめる特大の一発は、暗闇へと消えていった。ボールを追いかけた観客達は、球場の外側を見つめているように見える。

 実際の映像をエンゼルス公式ツイッターが公開。米紙「タンパベイ・タイムズ」のマーク・トプキン記者は「小学校まで飛ばしたかもしれない」と自身のツイッターに記載していたが、MLB公式サイトも「トラウトの特大弾は文字通り学校に着弾した」と見出しを打って記事を掲載している。

 記事では「トラウトの本塁打は球場の左翼フェンスを越えて、カーティス・ファンダメンタル小学校まで飛んで行ったとされる。打球速度は110.6マイル(約178キロ)だった」と紹介。同サイトによると、トラウトの3戦連発は自身9度目だったという。映像を見た米ファンからは「爆弾だ」「どこまで飛んだんだ」「MVPだ」「深すぎる」「コンパクトなスイングなのに」などと驚きの声があがっている。

 この試合はブルージェイズの本拠地TDボールパークで開催。ブルージェイズは本来の本拠地をカナダ・トロントとしているが、コロナ禍で国境をまたぐ公式戦開催は困難と判断し、現在はフロリダ州の同球場を本拠地としている。試合はエンゼルスが延長戦の末、7-5で勝利した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集