[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レイパパレ、雨中の圧逃 4馬身差Vにアンカツ氏仰天「ジャイアントキリングやった」

競馬のG1大阪杯(阪神・芝2000メートル)は4日、川田将雅騎手騎乗の4番人気レイパパレ(牝4歳、栗東・高野)が4馬身差をつけて逃げ切り。デビューから無傷の6連勝でG1初制覇を飾った。1番人気の3冠馬コントレイルは3着。2番人気のグランアレグリアは4着だった。

レイパパレがデビュー6連勝を飾った(写真はイメージです)
レイパパレがデビュー6連勝を飾った(写真はイメージです)

“2強”を圧倒、レイパパレがデビュー6連勝で初G1制覇

 競馬のG1大阪杯(阪神・芝2000メートル)は4日、川田将雅騎手騎乗の4番人気レイパパレ(牝4歳、栗東・高野)が4馬身差をつけて逃げ切り。デビューから無傷の6連勝でG1初制覇を飾った。1番人気の3冠馬コントレイルは3着。2番人気のグランアレグリアは4着だった。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 圧巻の逃げで、豪華メンバーを完封した。激しい雨が降り、馬場コンディションは重。過酷なコンディションの中でG1初挑戦のレイパパレはスタートから先手を取った。十分な手応えのまま先頭で直線を向くと、徐々に馬場の良い真ん中へと進路を切り替えていく。後ろからコントレイル、グランアレグリアが追ってくるが、差は縮まらない。それどころか後続とのリードは広がっていく。

 川田の懸命のムチに応え、脚色の衰えないレイパパレ。最後は差してきたモズベッロに4馬身の差をつけてゴール。衝撃的な強さでデビューからの連勝を6に伸ばした。

 元騎手の安藤勝己氏は自身のツイッターでレースを回顧。「レイパパレ。出負け気味のスタートから自分のリズムで楽にハナ。あの道悪で前半59秒8やから、かなりの適性やった。追いかけたサリオスからバタバタになって、コントレイルとグランアレグリアもバテて、まとめてモズベッロに差されたからね。とにかく馬場を味方につけたジャイアントキリングやった」と強敵を封じ込めた4歳牝馬の強さに驚きながら、拍手を送っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集