[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平1号2ラン 打球速度171kmだった“9打席目の衝撃”に米興奮「最高の弾丸だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のホワイトソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場し、右中間に今季1号2ランを放った。球団公式ツイッターが豪快な一撃の動画を公開。今季9打席目の初安打に米ファンから「最高の弾丸だった」などと衝撃を受けた様子のコメントが相次いでいる。

今季1号2ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】
今季1号2ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が今季1号2ラン、米ファンも驚き「ゴージャスな一撃」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のホワイトソックス戦に「2番・指名打者」で先発出場し、右中間に今季1号2ランを放った。球団公式ツイッターが豪快な一撃の動画を公開。今季9打席目の初安打に米ファンから「最高の弾丸だった」などと衝撃を受けた様子のコメントが相次いでいる。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 大谷のバットが火を噴いた。6-12の9回2死一塁。外角真ん中の直球を逃さなかった。乾いた打球音とともに打った瞬間、スタンドインとわかる一発。右中間に運び、今季9打席目で放った初安打が2ランとなった。

 エンゼルス公式ツイッターは動画を公開。米ファンから「最高の弾丸だった」「ビッグフライ! オオタニサン」「ゴージャスな一撃」「試合は負けたけどこれは最高だった」「こういう一打をもっとちょうだい」「誇りに思う」と興奮交じりに反応している。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者は「ショウヘイ・オオタニが今季初本塁打。飛距離421フィート(約128メートル)。打球速度106.3マイル(約171キロ)」とツイート。この日の大谷は5打数1安打2打点、チームは8-12で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集