[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥らに「野獣」異名のホープが挑戦状 米23歳サンチェス「俺は準備できている」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で現在2位となっている。対戦を希望する海外ファイターも珍しくないが、米国で「野獣」の異名を持つホープも打倒モンスターに名乗りを挙げているようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

サウル・サンチェスは井上尚弥らに挑戦状を叩きつけた【写真:Getty Images】
サウル・サンチェスは井上尚弥らに挑戦状を叩きつけた【写真:Getty Images】

19日に初回TKO勝ちのサンチェス「王者との戦い受け入れる」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、権威ある米専門誌「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で現在2位となっている。対戦を希望する海外ファイターも珍しくないが、米国で「野獣」の異名を持つホープも打倒モンスターに名乗りを挙げているようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 タレントが揃うバンタム級戦線で今回注目を集めているのは「ザ・ビースト(野獣)」の異名を持つ23歳の米国人ファイター、サウル・サンチェスだった。現地時間19日に米国で行われたフランク・ゴンザレス(米国)戦、初回TKO勝ちでキャリア通算16勝1敗としたサンチェスについて、記事では「圧巻の支配力を示した」と絶賛している。

 勢いに乗るホープは「オレはバンタム級の全ての世界王者との戦いを受け入れる。ナオヤ・イノウエ、ギジェルモ・リゴンドー、レイマート・ガバリョだろうが、どんな世界王者相手でも、オレは準備ができている。この瞬間のために人生で訓練を重ねてきた。チャンスを掴む準備はできている」と語ったという。

 元3団体世界ヘビー級王者アンディ・ルイスを指導したマニー・ロブレス氏に師事しているサンチェスは、井上やWBA同級正規王者のリゴンドーらベルト保持者に挑戦状を叩きつけている。プロモートするトンプソン・ボクシング社のアレックス・カンポノボGMは「サウルは世界王者と戦えるキャリアの分岐点を迎えたと思う」と分析している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集