[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米経済誌が「この春やばい」と驚愕 圧巻パワーに「アリゾナの空気関係ない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、マリナーズとのオープン戦に「1番・指名打者」で先発。オープン戦初盗塁となる三盗を決めるなど、1打数1安打2得点1四球だった。投打に力を見せる大谷に、米経済誌「フォーブス」も注目。「MVP候補として、巨額の年俸を受け取る準備ができている」などと紹介している。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

シーガーと共にMVP候補に選出

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、マリナーズとのオープン戦に「1番・指名打者」で先発。オープン戦初盗塁となる三盗を決めるなど、1打数1安打2得点1四球だった。投打に力を見せる大谷に、米経済誌「フォーブス」も注目。「MVP候補として、巨額の年俸を受け取る準備ができている」などと紹介している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 今季オープン戦ではバックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の一発を放ち、投げても100マイル(約161キロ)の直球を投じている大谷。特に野手としては打率.600、OPS1.809と驚異的な数字を残している。

「フォーブス」はドジャースのコーリー・シーガー内野手と共に大谷の名前を挙げ「この2人は2021年のMVP候補として十分考えられる。それに値するシーズンを過ごすことができれば、両者は巨額の報酬を手に入れることができるだろう」と記事で注目している。

 大谷については昨シーズン苦しんだことを伝えながらも「だが、しかし、この春はやばい」と、硬い文章が目立つ経済誌としては珍しい称賛の仕方をしている。

 二刀流の本格的な復活が期待されている26歳について、記事では「肘の手術により、打者のポテンシャルを考えて一刀流になることが議論されていた」とも記載。「しかし、エンゼルスは二刀流としての起用に挑戦しているし、2年850万ドルの契約延長はかなりお買い得だったかもしれない」と伝えている。

 アリゾナで行われているオープン戦で活躍している大谷。記事では「彼は23年シーズン終了までFAにならないが、しかしこの活躍が続けば、エンゼルスは彼を長期間チームに留めるために大金を用意するだろう。確かにアリゾナは(空気抵抗が少なく)打者にとって天国のような環境だ。しかしこの男のポテンシャルとパワーを考慮すると、アリゾナの空気は関係ない」とつづっていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集