[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

池の中からリカバリー 50歳ミケルソンの“裸足ショット”に米反響「国宝級の面白さ」

米ゴルフのシニアツアーで、フィル・ミケルソン(米国)が魅せたリカバリーショットが注目を集めている。2月27日(日本時間28日)に行われたコロガード・クラシックの第2日、池の中に裸足で入り、泥を飛ばしながらもスイング。実際の動画を米メディアが公開すると、現地ファンからは「ふくらはぎが凄すぎ」「国宝級の面白さ」などと反響が寄せられている。

フィル・ミケルソンが池の中へ…【写真:Getty Images】
フィル・ミケルソンが池の中へ…【写真:Getty Images】

米シニアツアーでの池からのリカバリーショットにファン「かっこいい脚」

 米ゴルフのシニアツアーで、フィル・ミケルソン(米国)が魅せたリカバリーショットが注目を集めている。2月27日(日本時間28日)に行われたコロガード・クラシックの第2日、池の中に裸足で入り、泥を飛ばしながらもスイング。実際の動画を米メディアが公開すると、現地ファンからは「ふくらはぎが凄すぎ」「国宝級の面白さ」などと反響が寄せられている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 かわいらしい鴨とともに水に入った。15番パー5の第2打。ボールは池の淵に位置していた。右打ちの選手であれば陸から打てるが、左打ちのミケルソンは池の中からでなければ打てない。そこで、靴と靴下を脱ぐと、ズボンの裾をひざ下まで捲し上げ、池の中へ入った。筋肉の張ったふくらはぎは、50歳らしからぬものを感じる。

 踏ん張りづらそうな状況で振り抜かれたボールはセミラフへ。このホールはパーで凌いだ。実際のシーンを米専門局「ゴルフチャンネル」の公式インスタグラムが「フィル・ミケルソンはふくらはぎを見せつける機会があり、それをやった」などとつづって公開している。また、米紙「ニューヨーク・ポスト」も「ボールが水没したにも関わらず、ミケルソンはなんとか自分のスイングをすることができた」と技術の高さに脚光を浴びせていた。

 映像に対し、現地ファンからは「素晴らしいふくらはぎだ」「ふくらはぎが凄すぎてボールに集中できない」「かっこいい脚だ」「彼が大好きだ」「国宝級の面白さ」「やってみたい!」などとコメントが書き込まれていた。ミケルソンは2日目を72で終えたが、28日(同3月1日)の最終日もスコアを伸ばせず。通算4アンダーの20位で、シニアデビュー3連勝とはならなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集