[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

超強風で90度方向転換 不運な“遠ざかりパット”に米同情「やり直しできるの?」

米男子ゴルフツアー、ジェネシス招待は20日(日本時間21日)、3日目が行われた。超強風の中でのラウンドで、衝撃的なパッティングが話題を集めている。グリーン上からパットしたボールが強風に煽られ、ボールが大きく曲がりグリーンの外に勢いよく出てしまうシーンをPGAツアーの公式SNSが動画付きで公開。「これは異常だ」「やり直しできるの?」などと米ファンを仰天させている。

キーガン・ブラッドリー【写真:Getty Images】
キーガン・ブラッドリー【写真:Getty Images】

強風で中断の米ツアー、ブラッドリーのパットシーンに騒然

 米男子ゴルフツアー、ジェネシス招待は20日(日本時間21日)、3日目が行われた。超強風の中でのラウンドで、衝撃的なパッティングが話題を集めている。グリーン上からパットしたボールが強風に煽られ、ボールが大きく曲がりグリーンの外に勢いよく出てしまうシーンをPGAツアーの公式SNSが動画付きで公開。「これは異常だ」「やり直しできるの?」などと米ファンを仰天させている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 これではゴルフにならない。悲劇に見舞われたのは34歳のキーガン・ブラッドリー(米国)だった。10番パー4。パーオンに成功したブラッドリーの約18メートルのバーディーパットだった。ピンフラッグが折れそうなくらい、強烈な突風の中でのパット。風の強さはブラッドリーの計算を大きく上回った。

 フックラインに打ち出されたボールはカップの遥か手前で大きく弧を描き向きを変える。そのまま風に煽られ、どんどんカップから遠ざかっていく。そしてグリーンから出てしまうと、ガードバンカーの間を通ってさらに転がっていく。結局ボールはグリーン左奥のラフまで進んでしまった。

 バーディーパットのはずが……どうしてこうなった。風の影響をもろに受けてしまったパッティングシーンをPGAツアーが公開すると、米ファンからは「どうしてバンカーに? 笑ってしまう」「これはフェアじゃない」「自分はいつもこのパッティングだね」「上手いラインオフだ」「これは異常だ」「ちょっとだけ外にいってしまった」「やり直しできるの?」「少なくともバンカーに間のいいコースを取ってる」などと唖然とするコメントが寄せられている。

 ブラッドリーはこのホールはボギー。最大で40マイル(約64キロ)の風が吹くと予測されたこともあり、トーナメントは中断。結局サスペンデッドとなった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集