[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、次戦は“元世界1位対決” 意外な初対戦にWTA注目「極めて驚くべきこと」

女子テニスの世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)は、14日の全豪オープン女子シングルス4回戦で、前回大会準優勝の同14位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)と対戦する。かつて世界1位になったこともある強敵との試合となるが、WTA公式サイトは「過去に対戦がないことは、間違いなく、極めて驚くべきことだ」と実力者同士の初対戦に注目している。

大坂なおみは16強でムグルサと対戦する【写真:Getty Images】
大坂なおみは16強でムグルサと対戦する【写真:Getty Images】

大坂の相手ムグルサは昨年大会準V

 女子テニスの世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)は、14日の全豪オープン女子シングルス4回戦で、前回大会準優勝の同14位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)と対戦する。かつて世界1位になったこともある強敵との試合となるが、WTA公式サイトは「過去に対戦がないことは、間違いなく、極めて驚くべきことだ」と実力者同士の初対戦に注目している。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 大坂は12日、同30位オンス・ジャブール(チュニジア)に2-0(6-3、6-2)で勝利。粘りのテニスも見せ、昨年敗れた3回戦を突破した。2年ぶりの全豪優勝に向け、次戦は昨年準Vのムグルサが相手となるが、WTA公式サイトは「16強プレビュー:セリーナ対サバレンカ、オオサカ対ムグルサがメルボルンで激突」との見出しで記事を掲載。対戦に言及している。

 両者について、記事では「元世界ランク1位で現役最年少のグランドスラム複数回制覇を達成している2人が、過去に対戦がないことは、間違いなく、極めて驚くべきことだ」と記載。実力者2人が初対戦となることを伝えている。

 大坂は昨年8月から、2つの試合前棄権を除き17連勝中。記事でも「今週は合計13ゲームしか落としてない。それは全てグランドスラムで準々決勝進出経験者の、アナスタシア・パブリュチェンコワ、カロリーヌ・ガルシア、オンス・ジャブールを相手にしながらだ」と、今大会での安定したプレーに言及している。

 一方の27歳ムグルサは、2017年に女子シングルスの世界ランク1位になっている。16年の全仏、17年のウィンブルドンで優勝しているが、その後については「安定感を失い、トップ10から外れた」と記載されている。ただ、昨年の全豪では決勝進出。「彼女が最高レベルに戻ってきたことを印象付けた」と勢いを取り戻してきたことも記している。

 大坂も2019年1月に自身初の世界1位となっている。“元世界1位同士”の対戦を、WTAは「オオサカとムグルサ両者の(キャリアにおける)4回戦の成績は、オオサカが3勝2敗(全豪では1勝1敗)、ムグルサが8勝6敗(全豪では2勝3敗)とわずかに勝ち越している」とも紹介している。難敵を倒して8強入りとなるか、注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集