[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

池江璃花子、骨折公表の親友に“手のひら文字”でエール「Never give up! Sarah!!」

競泳・池江璃花子(ルネサンス)が8日、自身のインスタグラムを更新。右ひじを骨折したことを自身のSNSで公表していた親友のサラ・ショーストロム(スウェーデン)へ「Never give up! Sarah!!」と英語でエールを送った。

池江璃花子【写真:AP】
池江璃花子【写真:AP】

親友のショーストロムへ、“エールの恩返し”

 競泳・池江璃花子(ルネサンス)が8日、自身のインスタグラムを更新。右ひじを骨折したことを自身のSNSで公表していた親友のサラ・ショーストロム(スウェーデン)へ「Never give up! Sarah!!」と英語でエールを送った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 2枚の写真を投稿した池江。1枚目では両手のひらをカメラに向けて、右手には「Never give up」、左手には「Sarah」とハートも添え、黒いマジックで書いてある。先日右ひじの骨折を自身のインスタグラムで伝えた、ショーストロムへのメッセージのようだ。

 2枚目には、2019年の世界水泳、女子100メートルバタフライの決勝直後に、優勝したマーガレット・マクニール(カナダ)、2位のショーストロム、3位のエマ・マキーオン(オーストラリア)の3人が、当時白血病で休養していた池江へ送った“手のひらエール”の写真を投稿。「Rikako」「(ハートの絵文字)」「NEVER」「GIVE UP」「Ikee」「(ハートの絵文字)」と黒のマジックで書かれている。

 池江は「Never give up! Sarah!! She gave me the power. It’s my turn to give it back to her」と英語で自分に力を与えてくれたことをショーストロムに感謝。「骨折してしまった彼女の気持ちはものすごくよくわかります。今度はわたしが彼女にパワーを与えたいです!」と日本語を続けた。

 競技では、ライバルとして、親友として切磋琢磨してきた2人。特別な友情が育まれているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集