[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】「32mの直走」― イチロー、“5.3秒の超美技”に米絶賛「科学と年齢を無視し続ける」

【名珍場面2017】「32mの直走」― イチロー、“5.3秒の超美技”に米絶賛「科学と年齢を無視し続ける」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。5月に米大リーグ(MLB)のマーリンズ・イチロー外野手が決めた「“5.3秒”の5つ星キャッチ」。

イチロー【写真:Getty Images】
イチロー【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」…5月にMLBでイチローが決めた魅惑の“5つ星キャッチ”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。5月に米大リーグ(MLB)のマーリンズ・イチロー外野手が決めた「“5.3秒”の5つ星キャッチ」。右翼線に上がったフライに対し、猛ダッシュして最後はスライディングで好捕した。MLB動画紹介サイト「Cut4」は「科学と年齢を無視し続けるイチロー」と記し、「5つ星キャッチ」と称賛。動画付きで紹介すると、大きな反響を呼んだ。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 イチローは守っても凄い。そう思わせたのは、5月3日の敵地レイズ戦、10-6とリードして迎えた9回2死一塁だった。右打者ソウザ・ジュニアが打ち上げ、ふらふらっと舞った打球は、一塁後方の右翼線寄りのフェアゾーンへ。これに対し、チャージをかけたのが右翼手イチローだった。

 長打警戒でやや深めに守っていたが、衰えない俊足で猛ダッシュ。目を切らすことなく落下地点を見極め、足から滑り込んだ。そして、地面すれすれに出したグラブで見事にキャッチ。試合終了を決めるファインプレーとなったが、イチローは颯爽と引き上げていった。

 MLBの解析システム「スタットキャスト」は守備位置から107フィート(約32.61メートル)を5.3秒で走ったと分析し、キャッチ率21%と算出。「5つ星」の評価をつけた。「Cut4」公式ツイッターも映像付きでファンに紹介。映像を見ると、何よりも凄いのは正確に落下地点を予測し、32メートルの距離をブレることなくまっすぐに走り、捕球していることだ。

 記事でも「科学と年齢を無視し続けるイチロー、倒れながらの5つ星キャッチでマーリンズの勝利を決める」と称賛。長年の経験から裏打ちされた技術、読み、そして、それを43歳にして体現する肉体の凄さは大きな反響を呼んだ。シーズン後には、このプレーがMLB公式の「投手が最も感謝するアメージングな守備」の一つに選ばれた。

 今季限りでマーリンズをFAとなり、去就は決まっていない。それでも、打撃のみならず、守備でも一流を保ち続けている。いったい、どこの球団のライトを守り、そして、魅せてくれるのか。オフの注目は尽きない。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー