[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

総賞金3億円超ペガサスWC、韓国馬事会所有馬が圧勝 BCダートマイルに続きG1連勝

競馬の米G1ペガサスワールドカップ(ダート1800メートル)は23日(日本時間24日)、ガルフストリームパーク競馬場で行われ、韓国馬事会所有のニックスゴー(牡5)が1分47秒89で勝利。ブリーダーズカップダートマイルに続いてG1連勝を飾り、賞金総額3億円レースを制した。

ペガサスワールドカップを優勝したニックスゴー【写真:AP】
ペガサスワールドカップを優勝したニックスゴー【写真:AP】

ニックスゴーが制覇、影も踏ませぬ逃げ切りで圧倒

 競馬の米G1ペガサスワールドカップ(ダート1800メートル)は23日(日本時間24日)、ガルフストリームパーク競馬場で行われ、韓国馬事会所有のニックスゴー(牡5)が1分47秒89で勝利。ブリーダーズカップダートマイルに続いてG1連勝を飾り、賞金総額3億円レースを制した。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 年明け最初のビッグレースを制したのはニックスゴーだった。J.ロザリオ騎手に導かれ、先手を取ると4コーナーを回っても手応え十分に直線へ。後続が必死に猛追するが、差はつまらない。そのまま影をも踏ませぬ逃げ切りで強いレースぶりを見せた。

 ペガサスワールドカップ招待ステークスといえば、2017年に当時世界最高となる総賞金1200万ドルで2017年に創設。以降は出走システムの変更などにより、昨年から総賞金300万ドルに減額となったが、高額賞金レースの一つになっている。

 ニックスゴーは昨年3連勝でブリーダーズカップダートマイルを制し、これでG1連勝。距離面に不安はあったが、一気に本格化した印象だ。2月のサウジカップの優先出走権を獲得し、もし参戦すれば、日本馬と対決する可能性もありそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集