[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織らと参戦のATPカップ 最年長ランカーが「異例」と語る、コロナ禍での国別対抗戦

男子テニスの国別対抗戦「ATPカップ2021」が2月1日にオーストラリアで開幕を迎える。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、厳戒態勢で行われるテニス界の団体戦に日本代表として参戦する42歳で“テニス界現役最年長ランカー”の松井俊英が「THE ANSWER」のインタビューで、異例尽くしの代表戦について語ってくれた。

テニス界の団体戦に日本代表として参戦する松井俊英【写真:koumei】
テニス界の団体戦に日本代表として参戦する松井俊英【写真:koumei】

現地は厳戒態勢、感染リスクを避けるため移動は大会指定のチャーター便

 男子テニスの国別対抗戦「ATPカップ2021」が2月1日にオーストラリアで開幕を迎える。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、厳戒態勢で行われるテニス界の団体戦に日本代表として参戦する42歳で“テニス界現役最年長ランカー”の松井俊英が「THE ANSWER」のインタビューで、異例尽くしの代表戦について語ってくれた。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 昨年も現役最年長ランカーとして、日本代表の一員としてATPカップに参戦した松井。今年は自身が持つ最年長記録を1歳更新してのエントリーとなる。

「去年の大会は錦織選手の怪我で急遽代役という形での参戦でした。準備は1週間だけだったので、十分ではありませんでしたが、今回はATPに最初からエントリーが認められたので、1か月間準備ができました。テニスは技術。ダブルスの練習を一生懸命やらないといけない。それができたことは大きいですね」

 年末年始、日本国内で積んだトレーニングに充実の表情を浮かべていた松井。コロナ禍の影響で、参加チームが例年の24から12に半減となる今大会。参戦する選手にとっても異例の大会になるようだ。

「オーストラリアは非常にコロナの感染者を抑えられている。それだけに外国人の入国には非常にデリケートになっています。今回のビザの取得手続きも大変でした。申告するPCR検査は出発3日前じゃないとNG。結果を英訳して、オーストラリア政府に送ります。そこで初めてフライトに乗れるかどうか。例えるならロシアのビザ取得と、各種給付金の申請に、ドラマ24のようなドタバタが重なったかのような感じでした」

 オーストラリア保健省発表によると、今月13日の新規感染者がわずか13人と、封じ込めに成功している同国だけに、入国手続きも厳格だった。シンガポール経由で無事豪州に旅立った松井だが、大会側が指定するフライトにも条件が設けられていたようだ。

「感染のリスクを防ぐためにチャーター便になりました。普段のフライトに比べると圧倒的に高くなります。大会側から補助も出ますが、選手によって支給額は異なります」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集