[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】「1.2秒の衝撃」― 本田圭佑、“あり得ない角度弾”に賛辞「稲妻のホンダ、降臨」

【名珍場面2017】「1.2秒の衝撃」― 本田圭佑、“あり得ない角度弾”に賛辞「稲妻のホンダ、降臨」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月にサッカー日本代表FW本田圭佑(パチューカ)がメキシコ国内カップ戦で見せた“あり得ない角度弾”だ。およそ1.2秒と滞空時間の長いスーパーミドル弾を含む2得点を大会公式ツイッターが動画付きで紹介。現地メディアも「稲妻のホンダ、降臨」と絶賛するなど、大きな話題となった。

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月に本田がカップ戦で見せたスーパーミドル弾

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月にサッカー日本代表FW本田圭佑(パチューカ)がメキシコ国内カップ戦で見せた“あり得ない角度弾”だ。およそ1.2秒と滞空時間の長いスーパーミドル弾を含む2得点を大会公式ツイッターが動画付きで紹介。現地メディアも「稲妻のホンダ、降臨」と絶賛するなど、大きな話題となった。

 日本のサムライが一瞬にしてスタジアムを熱狂に変えた。衝撃の一撃が飛び出したのは、10月25日に行われたコパMX(国内カップ戦)のサカテペク戦だ。

 パチューカが1-0とリードして迎えた前半36分、本田は右サイドでパスを受けると、相手DFをかわし、中央へ切り込んだ。そして、ペナルティエリアの外から体をひねるようにして左足を一閃。放たれたシュートは糸を引くような綺麗な軌道を描き、そのままゴール左隅に突き刺さった。

 およそ1.2秒と滞空時間の長いスーパーミドル弾を大会公式ツイッターが紹介。予期せぬ体勢からいきなり決めた本田に観客も騒然。実況は唖然とした様子で絶叫し、日本のエースがもたらした衝撃の大きさを物語っていた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー