[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンが仰向けになった 18年前の衝撃KO負けが16万再生「これには胸が痛んだ」

ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)は11月、エキシビションマッチにて54歳でのリング復帰を果たした。50代とは思えぬ動きを披露して各方面から称賛を浴びたが、そんなレジェンドが18年前に敗れた試合が米国で再脚光を浴びている。2002年、3団体同級統一王者レノックス・ルイス(英国)に挑戦し、強烈な右フックを受けてKO負けした実際の動画をWBCが公開。16万回を超えて再生されるなど、反響が広がっている。

マイク・タイソン氏【写真:AP】
マイク・タイソン氏【写真:AP】

2002年6月、当時35歳のタイソンがルイスに敗れた一戦に再脚光

 ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)は11月、エキシビションマッチにて54歳でのリング復帰を果たした。50代とは思えぬ動きを披露して各方面から称賛を浴びたが、そんなレジェンドが18年前に敗れた試合が米国で再脚光を浴びている。2002年、3団体同級統一王者レノックス・ルイス(英国)に挑戦し、強烈な右フックを受けてKO負けした実際の動画をWBCが公開。16万回を超えて再生されるなど、反響が広がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 タイソンは負ける時も豪快だ。当時35歳の挑戦者だったタイソンにとって5年ぶりの世界戦。10センチ以上背の高い相手に対して、序盤は積極的に前に出たが、ルイスにうまくいなされた。迎えた8回、タイソンはガードを固めていたが、わずかな隙間に英国の雄の右が突き刺さった。顎をモロに打ち抜かれる。顔面が大きく揺さぶられ、膝から崩れ落ちる様に衝撃の大きさが見て取れる。意識が飛び、リングに仰向けに倒れた。

 WBCの公式インスタグラムは、2002年6月に米テネシー州でのタイソンの8回KO負けのシーンを動画で公開。文面に「このKOを覚えている? これはレノックス・ルイスによる、自分より背の低い相手と戦う選手に向けたディフェンス・レッスンだ。ジャブを打ちながら距離を取って、ここぞの一発を待つ」とつづり投稿すると、18年前の一戦は再び海外ファンの心を捉えている。

「レノックスはとても正当に評価されていなかった」
「それでもタイソンが一番」
「タイソンが全盛期でも同じ結果さ」
「これには胸が痛んだ」
「ルイスの冷酷なパフォーマンスだ」
「これは素晴らしい」
「2020年のマイクはこの当時よりも良いシェイプにあるね」

 再生回数は16万回を突破。勝つときも負ける時も派手なタイソン。54歳でリングに戻ってきた男の次戦を楽しみにしているファンは多い。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集